●先端技術研究所、米MetaInfo社のネットワーク管理ソフトウエアの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●先端技術研究所、米MetaInfo社のネットワーク管理ソフトウエアの新版を発売


掲載日:2005/03/18


News

 有限会社先端技術研究所は、米MetaInfo社のソフトウエア製品「Meta IP」の新バージョン「Meta IP v5.6」を、発売した。

 「Meta IP」は、DNSおよびDHCPサービスを中核とする小規模から大規模までさまざまな規模のネットワーク環境に対応可能なソフトウエア製品で、“IPアドレス管理とエンドポイントセキュリティ対策の一元化”機能が提供される。IPサービスに関わる管理を簡素化し集中化することにより、IPネットワークの効率的な管理方法を実現し、ネットワーク管理に関わるコストを抑えることができる。「Meta IP」の各サービスは、モジュール式アーキテクチャを採用しているため拡張性に富んでおり、さまざまな環境のネットワークに対応可能となっている。

 今回発売された「Meta IP v5.6」では、SAFE DHCP機能強化として、非認証クライアントクラスDHCPパラメータにより、非認証DHCPクライアントが単一のリースプールに隔離検疫される。MAC認証ウィザードが、リースプールと隔離検疫の設定を自動的に行なうほか、MACモジュール共有データベース管理が、ネットワーク全体の複数のMACアドレスデータベースの管理と同期を行なう。また、Meta IP管理コンソールから全てのDNS、DHCP、管理サーバーに対してバージョン情報をアクセスし、その情報をテキストファイルにエクスポートすることが可能となった。

 サービスエクスポートウィンドウが、DNSあるいはDHCPサービスのイベントメッセージ出力を追跡するためのログビューアタブを組み込んでいるほか、複数オブジェクトのユーザーデータを設定/消去することもできる。さらに、ダンプリースツールが、DHCPサービスを停止せずに、DHCPリースデータベースの内容を吐き出すことができるほか、管理コンソールが、ユーザーインターフェースと管理サーバーの互換性を確かめるために、開始時にバージョン確認を行なう。


出荷日・発売日 2005年3月17日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

ミクシィのネットワークインフラはどうなっている? 【ジュニパーネットワークス】 NetCrunch(ネットクランチ) 【情報工房】 データセンター管理ソリューション 【日本ブレイディ】 Webアクセスシェイパ 【NTTアドバンステクノロジ】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
ミクシィのネットワークインフラはどうなっている? 中小規模ネットワーク向けの統合型監視・管理ツール。グラフィカルなインターフェースと直感的な操作方法が特長。エージェントレスなので簡単導入が可能。 ネットワーク管理を効率化するラベルを使った識別ソリューション。高性能ラベル、データセンターで使いやすいラベルプリンター、ラベルデザインアプリなどを提供。 システムの処理性能を上回るアクセス集中をキューイングし、整理することで快適なWeb環境を維持。 iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009875


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ