●I-Oデータ機器、セキュリティ機能を搭載した外付型HDD 3シリーズを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●I-Oデータ機器、セキュリティ機能を搭載した外付型HDD 3シリーズを出荷


掲載日:2005/03/18


News

 株式会社アイ・オー・データ機器は、USB 2.0対応の外付型セキュリティハードディスク「HDH-SU」シリーズ、バスパワー駆動ポータブルセキュリティハードディスク「HDPX-SU」シリーズ、USB 2.0/IEEE1394(i.LINK)両対応の外付型セキュリティハードディスク「HDW-UES」シリーズを、3月末より順次出荷する。

 3シリーズとも、導入するだけで容易かつ強固なセキュリティを実現し、データの流出リスクを低減できるセキュリティ機能“iSPIS”を標準で搭載したセキュリティハードディスク。ハードディスクを丸ごとロックし、設定したPC以外での利用を不可能にする“HDDロック”機能や、データを保存する際に自動的に暗号する“暗号フォルダ”機能も搭載している。また、データバックアップソフト「EasySaver LE」やデータ消去ソフト「DiskRefresher LE」といったソフトを付属している。

 「HDPX-SU」シリーズは、幅49mmというスリムな本体やファンレス静音設計に加え、側面にはアルミパネル/上下には換気用スリットを装備した“エアフローフォルム”を採用している。USBモードランプの色が接続(USB 2.0/USB 1.1)に応じて変化するほか、源スイッチを“AUTO”にすることで、PCの電源に連動してドライブの電源を自動で切り換える“USB電源連動機能”も搭載している。

 「HDPX-SU」シリーズは、耐久性/放熱性に優れ、ヘアライン加工が施されたアルミ本体を採用し、幅76mm×奥行き122.5mm×厚さ16.2mmというコンパクトサイズを実現している。データを複数に分割して暗号する機能“e-割符V3”を搭載しており、分割データが全て揃わないと解読することができないため、重要な情報を持ち出す場合や社外へのデータ送付時に活用することができる。スイッチの切り替えにより、ハードディスクを書き込み禁止に設定可能な“ライトプロテクト機能”搭載しているほか、USBバスパワー駆動のためACアダプタが不要で、“USB電源連動機能”も搭載している。

 「HDW-UES」シリーズは、内部に2台のハードディスクを搭載し、1台の大容量ドライブとして使用することができる。ビデオキャプチャ製品と組み合わせて、高画質/大容量のビデオデータも保存可能なほか、USB 2.0とIEEE1394(i.LINK)の両対応のため、読み出し/保存も迅速に行なうことができる。電源内蔵の本体では、熱伝導性の高いアルミパネルを側面に採用し、安定動作とハードディスクの性能維持を実現している。さらに、効果的にハードディスクを冷却するツインファンを搭載しているほか、“電源連動機能”も搭載している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009870


IT・IT製品TOP > ストレージ > 外付けHDD > 外付けHDDのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ