事例●NEC、ミズノから基幹システム運用管理のアウトソーシングを受託

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●NEC、ミズノから基幹システム運用管理のアウトソーシングを受託


掲載日:2005/03/16


News

 日本電気株式会社は、ミズノ株式会社から、汎用コンピュータ「i-PX7800」シリーズやオープン系サーバー「Express5800」シリーズなどからなる基幹システムの運用管理に関してアウトソーシングを受託し、2005年1月より「NECアウトソーシング大阪センター」で本格的に運用を開始したと、発表した。また、それに先立ち2040年11月には東京と大阪に分散していた汎用コンピュータ2台を1台に統合し、運用と管理の効率化を図った。

 ミズノでは、新需要創造型のマーケティング開発や、経営資源をネットワーク上で迅速に運用しグローバルで通用するビジネスモデルの構築などを目指して、事業を展開している。今回のNECへの基幹システムのアウトソーシングは、こうした取り組みを具現化する手段として採用されたもので、システム運用管理業務の効率化により、ITを用いた新システムの企画/開発など、戦略的投資と競争力の高い企業体質の実現を目的としている。同社は、今回の取り組みにより削減できた工数や費用を、より戦略的なIT投資に振り分ける計画。

 NECは、今回のアウトソーシングを実現するにあたり、コンサルティングサービスである「運用クリニック」を提供した。これにより、ミズノのシステム運用状況を分析/診断して課題を明確化するほか、システム改善を提示した。その結果、ミズノの目標である業務改革とサービス向上の実現に向け、両社が共通認識の下で取り組むことができ、導入決定後4ヵ月という短期間でアウトソーシングへ移行することが可能となった。今回のアウトソーシングによりミズノは、10%以上の運用コストの削減を実現した。今後NECは、部門サーバーの統合などアウトソーシングの領域の拡大を通じて、コスト削減に向けて支援する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 インフラ統合に必要な「自動化と集中管理」の手法 【日本アイ・ビー・エム】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 システム維持の時間を40%以上削減 ITインフラの何を変えたのか 【EMCジャパン】 Senju Operation Conductor 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
管理者を運用ツールの維持管理から解放するクラウドサービス。NRIの運用ノウハウが結集したSenju Familyベースの運用基盤でAWS運用テンプレートを使用し短期間で運用開始。 複雑なインフラ環境の「選択と集中」――統合の手法と概念を解く オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
大進化を果たした最新データセンター 今こそインフラ見直しの時 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。6つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009853


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ