値下●デル、ブレードサーバー「PowerEdge 1855」の機能拡張/値下げを実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


値下●デル、ブレードサーバー「PowerEdge 1855」の機能拡張/値下げを実施


掲載日:2005/03/16


News

 デル株式会社は、同社のブレードサーバー「PowerEdge 1855」の機能拡張および価格改定を実施し、エンタープライズ事業を強化すると、発表した。

 「PowerEdge 1855」は、大規模なWebサーバーやアプリケーションサーバー、ハイパフォーマンスコンピューティングクラスタ、ビジネスアプリケーションの統合に適したブレードサーバー。高さ7Uの本体に最大10基のサーバーブレードを搭載することが可能で、42Uラックに搭載した場合、1Uサーバーと比較して密度が42%向上する。

 今回、従来はラック対応サーバーのみで提供されていたクラスタ化やストレージとの接続といった機能が拡張され、ブレードサーバーの性能/管理性/信頼性を向上させる。いずれも注文生産(Built to Order)に対応しており、ニーズに合わせて機能を選択することができる。

 ブレード間でのクラスタに対応する“マイクロソフト・クラスタ・サービス”が追加され、「Brocade Silkworm 3014」スイッチモジュールの提供により、ファイバーチャネルストレージとの接続が可能になる。また、CPUおよびハードディスクオプションの追加、メモリー容量拡大といったスペックの強化も実施されるほか、ブレードサーバーおよびラックサーバーの一元管理も可能となる。

 さらに、ブレードサーバーを搭載するエンクロージャーが69万9000円から39万4000円(約45%)に、ブレードサーバーが4万1000円(約18%)に値下げされる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009846


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ