事例●日本HPのau携帯によるセキュアな渉外支援システムを東京都民銀行が採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●日本HPのau携帯によるセキュアな渉外支援システムを東京都民銀行が採用


掲載日:2005/03/14


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社とKDDI株式会社は、両社が開発した、au携帯電話を利用した高い個人情報漏洩防止機能を備えた「渉外支援システム」が、株式会社東京都民銀行に採用されたと発表した。同システムは、2005年度上半期中の稼働を予定しており、パッケージシステムとしても発売される予定。

 「渉外支援システム」は、KDDIのau携帯電話に搭載されている“BREW”アプリケーションの機能を利用することにより、高いセキュリティを保つと同時に高い利便性も提供するシステム。これにより、携帯電話を利用した渉外が可能になり、営業効率を維持/向上させることができる。営業担当者が毎朝KDDIのデータセンター内のデータベースに保存されている顧客データに専用線を通じてアクセスし、その日訪問予定の顧客データをau携帯電話にダウンロードする。顧客訪問時には、ダウンロードしたデータを参照しながら渉外を行ない、その日の活動が終わるとデータが自動的に消去される仕組みになっている。

 顧客情報漏洩を防止するためのさまざまなセキュリティ機能を備えており、個人情報の入った携帯電話を紛失した場合には、システム管理者から携帯電話に情報を直接送信できる“センタープッシュ”機能により、携帯電話内の個人情報を消去し、携帯電話からの情報漏洩を防ぐことができる。また、データ消去を完了した時点でGPSによる位置情報が付加された確認メッセージが管理者に送信されるため、紛失した携帯電話の位置が特定可能となる。一定期間データアクセスがない場合のデータ自動消去機能や、各携帯電話内の情報にアクセスするための認証パスワード設定、全てのデータの暗号化といったセキュリティ機能も搭載している。

 さらに、携帯電話に顧客情報をダウンロードする方式を採用することで、優れた操作性を実現している。インターネットを介した通信が不要なため、訪問先での通信状況を気にせず、必要な情報を即座に表示することができる。“BREW”アプリケーションを利用しているため、柔軟で実行速度の速いアプリケーションの開発も可能で、カメラなどの携帯電話機能との連携が可能となる。

 東京都民銀行では、同システムを導入することにより、個人情報漏洩のリスクを低減すると同時に、営業効率の向上を実現することができる。au携帯電話の提供/KDDIモバイルソリューションパートナー(KDDI-MSP)プログラムによる“BREW”アプリケーションの開発支援/データセンターなどの通信環境の構築をKDDIが、アプリケーションの開発/データベースの構築を日本HPが行なう。東京都民銀行では、同システムを利用した渉外を、7月から開始する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

モバイルでも実店舗でも、一貫した顧客体験を提供するための「3つの戦略」 【日本ライフレイ】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 顧客対応の質まで把握できている? カスタマーサービス強化に向けた10の手順 【セールスフォース・ドットコム】 カスタマーエクスペリエンス実践ガイド:「顧客の時代」のプラットフォーム活用 【セールスフォース・ドットコム】 「未来のお客さま」を見つけ、育てる「フルファネルマーケティング」のすすめ 【AdRoll】
CRM CRM CRM CRM CRM
モバイルでも実店舗でも、一貫した顧客体験を提供するための「3つの戦略」 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 顧客対応の質まで把握できている? カスタマーサービス強化に向けた10の手順 カスタマーエクスペリエンス実践ガイド:「顧客の時代」のプラットフォーム活用 展示会などでリードを収集してナーチャリングし、営業案件へ育てていく。そんなB2Bマーケティングが、最近頭打ちになっているという。打開策はどこにあるのか。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009833


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ