●日本IBM、新チップセットを搭載しHDD保護機能を強化したノートPCを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●日本IBM、新チップセットを搭載しHDD保護機能を強化したノートPCを出荷


掲載日:2005/03/09


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、「モバイル915GM/915PM Express」チップセットの搭載によりパフォーマンスを向上させ、ハードディスク保護機能を強化したノートPCの最上位機種「ThinkPad T43」14モデルを、出荷した。IBMダイレクト価格は、19万3200円(税込)からとなっている。

 「ThinkPad T」シリーズは、厚さ26.6mmの薄型本体に、高度なセキュリティ環境や、携帯性と堅牢性を兼ね備えたノートPC。新製品では、「モバイル915GM/915PM Express」チップセットを搭載し、高速なDDR2 SDRAMメモリーや533MHzに拡張されたFSB(フロントサイドバス)などを採用しており、パフォーマンスが向上している。また、データの高速転送に対応したPCI Expressバスアーキテクチャを採用し、今後の普及が予測されるExpressCardスロットを標準搭載しているほか、ハードディスク保護機能“IBMハードディスク・アクティブプロテクション・システム”による適用範囲を拡張し、ウルトラベイスリムに装着したセカンドハードディスクの保護にも対応している。

 PCを物理的な盗難から防ぐセキュリティキーホールに加え、PC内部のデータの流出や盗難を防ぐ“BIOSパスワード機能”や、セキュリティチップを全モデルに標準搭載するなど、高度なセキュリティ環境を実現している。指紋センサーの搭載により、BIOSパスワードやWindowsのログオン、スクリーンセーバーの解除といった複数の認証作業を、パスワードの個別入力による認証から、容易な指紋認証に置き換えることが可能となっている。

 さらに、“ThinkVantageテクノロジー&デザイン”を採用しており、PC本体の堅牢性が向上している。使用状況に応じてパフォーマンスと消費電力の調整が可能な“省電力マネージャー”や、PCの状況を最適に保つためにドライバの更新/導入をサポートする“ThinkPadソフトウェア導入支援”の機能も強化されているほか、容易な操作で迅速な復旧を可能とする“IBM Rescue&Recovery”、ネットワークへの容易な接続を支援する“IBM Access Connections”など、さまざまな機能を搭載している。

 なお同社は、デスクトップ代替ノートPC「ThinkPad G41」の最上位モデルとして、“HTテクノロジ”対応モバイルPentium 4プロセッサ552(3.46GHz)を搭載し、無線機能や搭載ドライブを強化した1モデルを追加し、出荷した。IBMダイレクト価格は、21万4200円(税込)となっている。


出荷日・発売日 2005年3月9日 出荷
価格 IBMダイレクト価格:193,200円(税込)〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009790


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ