●京セラミタ、コンパクトで操作が容易なA3判モノクロデジタル複写機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●京セラミタ、コンパクトで操作が容易なA3判モノクロデジタル複写機を発売


掲載日:2005/03/08


News

 京セラミタ株式会社は、コンパクトで操作が容易なモノクロデジタル複写機の高速モデル「KM-2020」を、発売した。価格は、49万8000円となっている。

 「KM-2020」は、幅574mm×奥行き552mmのコンパクトな本体を採用し、操作が容易なデジタル複写機「KM-1620」の高速モデルで、毎分20枚のコピー速度を実現したA3判モノクロデジタル複写機。システムメモリーを32MB標準搭載し、部数毎に自動仕分けを行なう電子ソート機能を標準で装備している。オプションの給紙カセット(PF-410)を追加することで、“回転ソート機能”も使用可能となる。2枚または4枚の原稿を、用紙1ページに集約してコピーできる“集約コピー機能”も標準搭載しているほか、“両面コピー機能”を併用することにより、用紙の使用量をさらに半減可能となる。

 各種設定を10種類まで登録できる“プログラム機能”を搭載しており、原稿の種類やソート、両面コピーなど、予め登録したコピー設定を容易な操作で呼び出すことができる。また、操作パネルの大きさが従来機と比較して約1.6倍に大型化しているほか、操作パネルは本体の中央部分に配置されており、椅子に座ったままや車いすのユーザーでも容易にキー操作が可能となっている。

 さらに、キー操作やマシンの状況を音で通知する通知機能も装備しており、通知音はキー入力の確認や無効を通知する“操作確認音”、節電ボタンを押し、省電力モードやオフモードに移行したことを通知する“正常終了音”、前カバーが開いている状態や用紙切れ、トナー補給を通知する“注意音”の3種類を備えている。給紙カセットの前面にペーパーゲージを装備しており(標準/オプションカセット)、カセット内の用紙残量を一目で確認することできる。5.9秒以下のファーストコピータイム、20秒以下のウォームアップタイムを実現している。


出荷日・発売日 2005年3月3日 発売
価格 498,000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009772


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ