●MNES、.NET対応のワークフローソフトウエア「MajorFlow for .NET」を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●MNES、.NET対応のワークフローソフトウエア「MajorFlow for .NET」を発売


掲載日:2005/03/08


News

 松下ネットソリューションズ株式会社は、業務処理の電子申請決裁システムを容易に構築できる.NET対応のパッケージソフト「MajorFlow for .NET」を、発売した。価格は、1〜99ユーザーで105万円(税込)となっている。

 「MajorFlow for .NET」は、申請帳票を容易に作成できる“帳票ジェネレータ”と、さまざまなルート設定を容易に設計可能な“ワークフローエンジン”を装備したパッケージソフトウエア。“帳票ジェネレータ”では、申請書作成に必要なオブジェクトをアイコンボタンで提供しているため、プログラミングの知識が無い部門担当者でも、ほとんどの申請書を迅速に作成することができる。“ワークフローエンジン”では、申請書の種類別に“順列”や“並列”、“組織別”、“条件分岐”など、豊富な承認ルート設定が可能で、企業によって異なる特有のワークフローに対応することができる。また、“代理”や“差戻し”、“取戻し”、“一括承認”、“期限切れ処理”といった申請承認機能も装備している。

 初期導入にかかる費用や、プログラミングにかかる費用も節約することができる。さらに、既存のERPとの連携を前提にした経費精算システムを実現しており、旅費交通費/立替精算/出張申請書/出張精算書の4つの経費精算業務の帳票を装備している。勘定科目は自動入力され、複合仕訳機能で貸方借方の自動仕訳を実現することが可能なほか、税区分は明細毎に指定でき、消費税の自動計算も可能となっている。


出荷日・発売日 2005年3月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

大手・中堅向けワークフロー AgileWorks(アジャイルワークス) 【エイトレッド】 New Concept Integrated WorkFlow 【エヌシーアイ総合システム】 ワークフローシステム構築ツール 『Web Plant』 【キヤノンITソリューションズ】 クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】 ERP連携ワークフロー EXPLANNER/FL (FlowLites) 【NEC】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
組織改変・人事異動に強いワークフロー。人事システムとの密な連携が可能。高度なフロー制御をもつことで、社内の意思決定プロセスをすべてフロー化することができる。 強力なヒューマンワークフロー機能、デザイン機能を装備し、短期間・低コストで社内外の各種システム間の柔軟な連携を実現する統合ソリューションを提供。 多機能なフォーム・複雑なフローを、GUIで簡単に開発可能なワークフロー構築ツール。柔軟なシステム連携を実現でき、自社ルールに合致したワークフローを構築可能。 Google Apps for Workまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。 パラメータ設定メインの簡単操作、他システムとの優れた連携性、サーバ単位で導入できるコストメリットなどを特長とするワークフロー専用システム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009770


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ