●新日鉄ソリューションズ、顧客情報のライフサイクル管理サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●新日鉄ソリューションズ、顧客情報のライフサイクル管理サービスを提供


掲載日:2005/03/04


News

 新日鉄ソリューションズ株式会社は、同社が提供するドキュメント管理ASPサービス「nsxpres.com」と、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するCRMのASPサービス「Salesforce.com」を連携させた顧客情報のライフサイクル管理サービス「nsxpres for Salesforce.com」の提供を、開始した。最小構成50ユーザーの場合の価格は、1ユーザーあたり月額1万2000円(税込)からとなっている。

 「nsxpres for Salesforce.com」は、従来のASPサービスの枠を超えてユーザーの業務プロセスに関わる“プロセス・サービス・プロバイダ”(PSP)として、営業のプロセス管理と、営業プロセスで発生するドキュメントの管理を“個人情報保護法”や“e-文書法”にも対応した上で、ワンストップサービスとして提供する。今後新日鉄ソリューションズは、共通プロセスをインターネット上で提供し、他のASPサービスと連携させる、プロセスサービス事業を順次拡大する予定。

 今回、営業のプロセスに注目し“PSP”という形態で安価な新サービスとして提供を開始することにより、企業は、顧客情報の検索/有効活用というアプリケーション利用に加え、“e-文書法”対応に則った、文書の電子化/電子署名/タイムスタンプ付与/機密性の高い保管/廃棄のプロセスまでサービスを受けられるほか、“個人情報保護法”施行に伴う、機密性の高い情報資産保護が可能となる。また、紙原本保管が必要な過去の契約書などは、セキュリティレベルの高い専用のトランクルームに低コストで保管することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】 ASTRUX 2.0 SaaS 【ソフトバンク コマース&サービス】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。 ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。 企業における一般文書からISO文書や記録などの運用・管理をWebベースに一元管理し、 オフィスにおける文書管理に関わるさまざまな業務を効率化するSaaS型文書管理システム。 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009760


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ