●日立、統合システム運用管理「JP1 Version 7i」のシステム構成管理を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●日立、統合システム運用管理「JP1 Version 7i」のシステム構成管理を強化


掲載日:2005/03/04


News

 株式会社日立製作所は、同社の統合システム運用管理「JP1 Version 7i」のシステム構成管理機能を強化し、3月31日より順次出荷する。今回の機能強化では、業務の負荷変動に対応した“サーバー自動割り当て機能”などにより、システム構成変更作業時間を最大で約90%短縮可能としたほか、セキュリティ管理機能や“ITIL”対応機能の強化も行なう。

 今回、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」をはじめとした各種サーバーのハードウエア情報を一元的に収集/管理する「JP1/ServerConductor」、バッチ処理や企業ポータルといった業務システムの論理的な構成と「JP1/ServerConductor」が収集したハードウエア情報との対応を管理する「JP1/Integrated Manager - Central Information Master」、業務の負荷変動に応じてアプリケーションサーバーやデータベースサーバーなどの追加/削除を、予め設定した運用シナリオに基づいて自動的に行なう「JP1/Automatic Job Management System 2 - Scenario Operation Manager」が製品化された。

 これらにより、従来はサーバーマシンそのものの構成など物理的なハードウエアの構成情報と業務システム機能との間の対応付けをシステム構成台帳などで管理し、構成変更作業を手動で実施していたのに対し、この対応付けが簡略化され、構成変更作業を自動実行できるため、サーバー(ブレード)のスケールアウト(拡張)の場合、サーバー拡張に伴うプログラムのインストール、構成に合わせた環境設定、サービスの起動/開始などの一連の作業時間を最大で約90%短縮することができる。

 また、セキュリティポリシーに基づく対策モジュールのインストール状況やウイルス対策ソフトウエアの導入状況、不正ソフトウエアのインストール検知など、クライアントPCのセキュリティ対策状況/脆弱状況を統合的に監視し、不正ソフトウエアの起動抑止や不正PCからのネットワークへのアクセス遮断などを行なう「JP1/NETM/Client Security Control」も製品化された。これにより、PCのセキュリティ管理を集中的に行なうことが可能となり、クライアント環境のセキュリティレベル向上を支援している。

 さらに、“ITIL”のサービスサポートやサービスデリバリの各プロセス改善を支援する既存機能に加え、システム障害をインシデント情報として自動登録/管理することで、“ITIL”のインシデント管理プロセスを支援する「JP1/Integrated Manager - Incident Master」も製品化される。これにより、問題解決の迅速化や、効率的なサービスサポート業務の実現が可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? 【Veeam Software japan】 業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには? 【ソーラーウインズ・ジャパン】 “攻め”のデータ保護、リソースの無駄を見つけて仮想環境の真価を引き出すには 【Veeam Software japan】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは? オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
「止まらないシステム」どうすれば実現可能? 調査結果から分かったこと 業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには? 仮想化によるサーバ集約率が高い環境で、バックアップ処理の負荷が性能を損ねてしまうのはもったいない。トラブルを未然に防ぐ「攻めのデータ保護」はできないだろうか。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009756


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ