●FFC、Windowsのセキュリティを強化するオプションソフトウエアを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●FFC、Windowsのセキュリティを強化するオプションソフトウエアを発売


掲載日:2005/03/04


News

 株式会社エフ・エフ・シーは、企業情報や個人情報などを保護する上で見落とされがちなWindowsのセキュリティを強化するソフトウエア「InfoBarrier3」で、ログ管理機能を実現するオプション製品「InfoBarrier LogOption」を、3月7日より発売する。価格は、6800円からとなっている。

 「InfoBarrier3」は、Windows上のユーザー操作制限機能により、外部メディアの使用禁止やアプリケーションの印刷禁止といった情報漏洩対策を行なうソフトウエア。今回発売される「InfoBarrier LogOption」により、各クライアント端末でのファイル操作、メール添付、印刷、Webアクセス操作のログを収集し、サーバー側で一元管理することが可能となる。ログを収集することにより、機密情報が漏洩した場合でも、漏洩した経路をトレースすることができ、クライアント端末で行なわれているユーザー操作を的確に把握することが可能となる。

 ログ管理機能は、特定のドライブでのファイル操作のログを収集することができ、ドライブ番号/ドライブ種類指定や対象外ドライブ/フォルダ指定といった柔軟な設定が可能となっている。また、メールの添付ファイルの名前とサイズを記録することができ、SMTPメールやWebメールでもログを収集可能となっている。ユーザーが印刷した印刷ジョブ名、出力プリンタ名、印刷枚数を記録に残すこともできる。プリンタ機種や印刷アプリケーションに依存せず、仮想プリンタの印刷もログに残すことが可能となっている。さらに、アクセスしたURL、タイトル名を記録することができ、ユーザーアカウント名とアクセス日時から使用者を特定することが可能となる。


出荷日・発売日 2005年3月7日 発売
価格 6,800円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

ログの「取りあえず保管」から「宝探しの自動化」に 【網屋】 保存だけでは死蔵する、膨大なセキュリティログを生かす「統合管理」を考える 【網屋】 PC操作記録 iDoperation SC 【NTTテクノクロス】 ITシステム変更管理ソフトウェア Netwrix Auditor 【ラネクシー】 情報漏えい対策とIT資産管理を統合、Windows/Mac混在環境に適した監視ツール 【インターコム】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
セキュリティ対策にはログを効果的に活用し、事故をいち早く検知して被害を最小限に抑える体制作りが重要だ。これまでは「保険」とされてきたログの活用を根本から見直す。 保存だけでは死蔵する、膨大なセキュリティログを生かす「統合管理」を考える サーバーやPCでの操作を録画して残せるPC操作記録ソフトウェア。管理サーバレスでの導入も可能で、初期コストを抑えつつ、より強固な情報漏洩対策を支援する。 ネットワーク上に蓄積されたActive Directoryやファイルサーバなどの様々な変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成。 標準機能が充実したセキュリティ監視ツール WindowsとMacの両方に対応

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009755


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ