●キングジム、QRコードによる文書管理ソフト「重要文書一元管理」などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●キングジム、QRコードによる文書管理ソフト「重要文書一元管理」などを発売


掲載日:2005/03/03


News

 株式会社キングジムは、QRコードを活用し、文書ファイルの管理を行なう「重要文書一元管理」(DS10QS)を、4月25日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「DS10QS」は、ファイルの貸し出し/返却状況や、ファイルの置かれている場所を、QRコードリーダーを接続したPCと、「テプラ」で印刷したQRコードよって認識/管理するシステム。入力フォーマットに従ってファイルのリストを作成し、セットに含まれているPCラベルプリンタ「テプラ」(PRO SR3900P)で、ファイルのタイトルと管理用QRコードを組み合わせた背見出しを印刷して、各ファイルに貼付する。

 PCに接続したQRコードリーダーで、ファイルの背見出しのQRコードを読み取ることにより、ファイル毎の閲覧/貸し出しのチェックを迅速に行なうことができる。また、登録したファイルの入力データを活用し、ファイルを検索することにより、必要な資料を探すこともできる。各ファイルの貸し出し履歴が確認可能で、文書の保存段階での使用頻度を把握できるため、ファイルの廃棄や配置変えなど、合理的なスペース活用を行なうための判断が容易となる。

 なお、業務支援システム「アシスト」シリーズの「注文アシスト」(GSC10S)と「来客アシスト」(GSR10S)も、3月22日より順次発売される。価格は、オープン価格となっている。「GSC10S」は、社内の弁当の注文や社内販売などの事務処理を支援するシステム。仕出弁当などの発注の際に発生する、オーダーを聞いて注文書を作り、業者に発注するという業務や、月締めの集計データによる支払い/依頼控除などの業務を、PCに接続したICカードリーダーとソフトウエアで合理化することができる。勤怠管理システム「クロックオン」とも共用可能なICカードにより、勤務者個人を認識し、容易な操作で注文可能となる。毎日の発注は個人別に月次集計され、給与天引きなどの依頼控除に活用することができる。

 「来客アシスト」は、従来の受付業務に代わり、タッチパネル操作によって、訪問先の内線番号を表示するシステム。タッチパネルPCの画面で、名前や部署から、容易に内線番号を知ることができ、人事異動などによる表示内容の編集も迅速に行なうことができる。さらに、初期画面の“ごあいさつ文”をオリジナルで設定可能となっている。


出荷日・発売日 2005年4月25日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 NEC Information Assessment System 【NEC】 業務文書管理システム「GREEN-DOC」 【インフォグリーン】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローに合わせて、文書確認・編集・承認・通知配信・保管・廃棄などをタイムリーに実行できる文書管理システム。 ファイルサーバの利用状況や不要データを可視化してトータルコストを削減。不適切なアクセス権や個人情報を検出することで、情報漏えいリスクを低減する。 きめ細かな権限設定とセキュリティ管理で、社内・社外の関係者がどこからでも安全・適切に利用できるWeb文書管理を実現。多言語(日本語・英語・中国語)に標準対応。 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009740


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ