事例●日本テレコム、社内IP電話網とIP網を直接つなぐIP電話を新生銀行に提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●日本テレコム、社内IP電話網とIP網を直接つなぐIP電話を新生銀行に提供


掲載日:2005/03/03


News

 日本テレコム株式会社は、株式会社新生銀行が、日本テレコムが開発したVoIP装置「SIP-DSU」を利用し、企業内IP電話網とIP網を直接接続するシームレスなIP電話サービス「SIPダイレクトライン」を導入したと、発表した。

 「SIPダイレクトライン」は、通信キャリアからの視点で開発された、「Cisco CallManager」(CCM)の機能を拡充するソリューション。日本テレコムの法人向けIP電話サービス「IP-One IPフォン」とユーザーネットワーク側に設置された「CCM」を、同社が開発した「SIP-DSU」で接続することで、ユーザー側のIP電話網と外部のIP網を直接接続することが可能となった。これにより、050番号を利用したシームレスなIPフォン接続を実現することができる。各社員に050番号を付与することで、場所や地域に依存しないワンナンバー化が可能となる。

 「SIP-DSU」を設置することによりIP電話サービスが利用できるため、オンネット通話は無料、オフネット通話も全国一律の料金で利用できるなど、通話コストの削減が可能となる。また、従来のPRIやBRIに依存しないため、自由度の高いインターフェースで利用することができる。社員が外出/出張の場合でも、ボイスメール(留守番電話)、メールへの転送、プレゼンス(在席/状況確認)などのアプリケーション機能と連携することで、場所に依存しない、利便性の高いコミュニケーション手段を実現可能となる。新生銀行は、同ソリューションを導入することにより、社内業務におけるコスト削減と効率化を図る。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009733


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ