●NEC、通信エリアを可視化して効率的な無線LAN運用管理を行なうソフトを開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NEC、通信エリアを可視化して効率的な無線LAN運用管理を行なうソフトを開発


掲載日:2005/03/03


News

 日本電気株式会社は、通信エリアを可視化して効率的な無線LAN運用管理を実現するソフトウエア「WLAN Manager」を、開発した。

 「WLAN Manager」は、無線LANの通信品質やセキュリティの状況監視を、既に普及している複数の無線LAN製品に対応して行なう運用管理ソフトウエア。同社の無線エリア設計ツール「RADIOSCAPE」の設計結果と連携することで、通信エリアを可視化した運用管理を可能とする“高精度カバーエリア管理機能”、電波干渉や高負荷による無線LANの通信品質劣化状態を自律的に解消する“自律運用機能”、無線LANシステムに未登録の不正なアクセスポイントや端末の位置を検出する“不正無線局位置探査機能”の開発により実現した。

 これにより、従来は現地調査により行なわれていた無線LAN通信エリアや通信品質、不正無線局の管理業務を、さまざまなユーザー環境に合わせて自動で行なうことが可能となり、無線LANの運用管理コストを削減することができる。無線LAN機器から収集される各種情報に基づき、無線LANの品質やセキュリティを監視する。「RADIOSCAPE」の設計結果との連携を実現したことで、電波のカバー状況を高精度かつ視覚的に表示して運用管理者に提供することができる。

 また、各エリアでの干渉/負荷などの品質状況を表示する機能と、収集される監視情報と連動してカバーエリアを動的に更新する機能を開発したことで、エリア設計ポリシーの維持状況の把握や、設計ポリシー変更時および障害発生時の通信エリアへの影響の把握が可能となっている。さらに、従来は特定の無線LAN機器でのみ提供されていた“自律運用機能”や“不正無線局位置探査機能”を、多くの無線LAN機器で提供可能としたことで、無線LAN運用管理ソリューションをさまざまなユーザー環境に合わせて提供することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

東京女子大学、いつでも安定した無線LANで学習や就職活動を支援 【ラッカスワイヤレスジャパン】 高等教育機関はなぜWi-Fi導入で失敗するのか? 【ラッカスワイヤレスジャパン】 Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション 【ジェイズ・コミュニケーション】 SonicPoint 【丸紅情報システムズ】 アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
東京女子大学、いつでも安定した無線LANで学習や就職活動を支援 高等教育機関はなぜWi-Fi導入で失敗するのか? クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。
簡易なサイトサーベイにて導入可能。
セキュリティ対策フル装備のUTM「SonicWALL」をコントローラにしてAPを一元管理できる無線LANソリューション。不許可Wi-Fiの遮断、標的型攻撃対策にも有効。 アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009732


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ