●富士通コンポーネント、LANケーブルで操作コンソールを延長する製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●富士通コンポーネント、LANケーブルで操作コンソールを延長する製品を発売


掲載日:2005/03/02


News

 富士通コンポーネント株式会社は、遠隔ユニット「SERVIS Extender」シリーズに、LAN用UTPケーブル延長の小型版「SERVIS Extender Cat5 Wide Band(小型版)」(FE-1000CW)(幅100mm×奥行き110mm×高さ25mm)と光ファイバーケーブルで延長する「SERVIS Extender Optical」(FE-4000OP)の2機種を追加し、3月より発売する。

 「FE-1000CW」は、高品質画像伝送技術/色ズレ補正回路の性能に加え、キーボード/ビデオ/マウスに延長アイテムを限定した製品。送信側ユニットの電源も外部電源を使用せずにPCから給電可能となっている。CAT5ケーブル使用で小型/高解像度を実現し、UXGAでサーバーとコンソール間を200m以上延長することができる。SXGAでは300m、QXGAでは100m以上の延長が可能となっている。フォーカスとブライトネスの調整ボリュームも備えており、距離に応じた表示を容易に得ることが可能で、周囲に合わせて画面の明るさを変えることもできる。

 Cat5e UTPケーブルの各信号線の長さ違いによるモニタの色ずれを補正する、“RGB色ずれ補正用スキュー調整機能”も搭載している。また、キーボード/マウスのインターフェースは、PS/2、USB、Sun8ピン、Sun USBをサポートしており、各種サーバーを操作可能となっている。「SERVIS」シリーズのKVMスイッチや「SERVIS Drawer」のコンソールドロアと組み合わせて使用できるため、ユーザーPCと離れた場所に設置された多数のサーバーを操作可能となっている。

 「FE-4000OP」は、光ケーブル2ペアを使用してUXGAで10kmの延長を実現している。光ファイバーのため、周囲の電磁ノイズの影響を抑えることができる。なお価格は、「FE-1000CW」が10万円、「FE-4000OP」が80万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 「FE-1000CW」:100,000円/「FE-4000OP」:800,000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009721


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ