●シャープ、デジタルハイビジョン画質対応液晶採用のデスクトップPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●シャープ、デジタルハイビジョン画質対応液晶採用のデスクトップPCを発売


掲載日:2005/03/02


News

 シャープ株式会社は、デジタルハイビジョン画質対応の23インチワイド液晶ディスプレイを採用し、テレビやDVDなどのAV視聴とPC操作を大画面で利用できるAVセンターPCの新モデル「PC-TX23H」を、3月5日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「PC-TX23H」は、テレビなどのAV画面もインターネットなどのPC画面も鮮明に映し出す“デュアルファインテクノロジー”を採用したデスクトップPC。輝度約500カンデラ、コントラスト比550:1、応答速度16ms以内の液晶に、3次元Y/C分離などの高画質化回路、PC画面で忠実な色を再現する“sRGB”への対応など、高品位液晶を活かすさまざまな高画質化技術が組み合わされている。また、1366×768ドット(テレビ表示時)のデジタルハイビジョン対応のワイド液晶のため、D4映像入力端子に市販のデジタルハイビジョンチューナーを接続することで、デジタルハイビジョン放送を16:9のフル画面で利用することができる。上下/左右176度の視野角も実現している。

 最大約477時間録画できる約250GBのハードディスクと、DVD-RAM/-R/-RW/+R/+RWとさまざまなタイプのDVDディスクに対応するDVDスーパーマルチドライブも搭載している。DVDディスクへの直接録画や、ハードディスクに録画した番組のダビングも可能なほか、電子番組表から録画予約ができ、外出先からの携帯電話での録画予約にも対応している。また、ディスプレイ部と本体部各々にテレビチューナーを搭載しているため、テレビを見ながら裏番組の録画が可能となっている。任意のシーンを集めたり、DVDメニューをつけるといった編集を行ない、オリジナルDVDを作成することもできる。

 AV機能もPC機能もリモコン操作で利用できるソフト「StationAV」を搭載しているほか、ディスプレイ部に、バーチャルドルビーサラウンド(ドルビープロロジックデコーダー)に対応したステレオスピーカーを内蔵している。さらに、AVデッキスタイルの本体と無線キーボードを採用し、4種のメモリーカードスロットを装備しているほか、他のPCとコンテンツを共有できるホームAVネットワーク対応ソフト「Media Library」も搭載している。

 CPUはCeleron Dプロセッサ330(2.66GHz)、メインメモリーは標準で256MB搭載し、最大2GBまで拡張可能なほか、ビデオ入力や光デジタルオーディオ出力などのAV入出力端子や、IEEE1394コネクタを背面(6ピン)と前面(4ピン)に各1基、USB 2.0準拠コネクタを本体前面と背面にそれぞれ2基装備している。


出荷日・発売日 2005年3月5日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009719


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ