●キヤノン、約800万画素CMOSセンサーを備えた小型/軽量デジタル一眼を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●キヤノン、約800万画素CMOSセンサーを備えた小型/軽量デジタル一眼を発売


掲載日:2005/02/22


News

 キヤノン販売株式会社は、初心者ユーザーを主な対象として、高画質と使いやすさの両立を実現した普及型デジタル一眼レフカメラ「キヤノンEOS Kiss Digital N」を、3月17日より発売する。価格は、オープン価格となっている。なお本体色は、ブラックとシルバーの2色が用意されている。

 「EOS Kiss Digital N」は、同社開発の約800万画素大型単板CMOSセンサー(22.2mm×14.8mm:APS-Cサイズ相当)と、映像エンジン“DIGIC II”を搭載することにより、高精細/高画質と自然な色あいを実現するデジタル一眼レフカメラ。毎秒約3コマ、JPEG(ラージ/ファイン)で約14枚の連続撮影が行なえるほか、約0.2秒の高速起動、CFカードへの高速書き込み、USB 2.0対応など、高画質と高レスポンスを両立させている。スーパーインポーズ機能を備えた広視野/高速7点AFや、さまざまなホワイトバランスモード、“モノクロ”モードも設定可能な現像パラメーター、“E-TTL II”自動調光など、さまざまな機能を搭載している。

 AFモード選択や測光モード選択など、4つの機能をカメラ背面の十字キーで設定することができるほか、“イージープリントボタン”を搭載することにより、ワンプッシュ操作でのダイレクトプリントを可能にするなど、撮影からプリントまで容易な操作を実現している。また、省電力設計による小型バッテリの採用、センサーサイズに最適化した主要部品の搭載や本体構造のコンパクト化、機能集約に伴う部品点数の削減などにより、幅126.5mm×高さ94.2mm×奥行き64mm/重さ485gという、コンパクト/軽量な本体を実現している。さらに、標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM」や、「EF-Sレンズ」を含む全てのEFレンズが使用することができる。単3形電池にも対応する専用の「バッテリーグリップBG-E3」や、EOS用スピードライトやマクロライトなど、さまざまなアクセサリーも用意されている。


出荷日・発売日 2005年3月17日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009616


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ