●IWI、情報漏洩対策システム「CWAT」と連携するUSBメディアを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●IWI、情報漏洩対策システム「CWAT」と連携するUSBメディアを発売


掲載日:2005/02/21


News

 株式会社インテリジェントウェイブは、イーディーコントライブ株式会社が開発/販売を行なう、情報漏洩を防止しながらデータの持ち出し/作業を可能にするUSBメディア「Safety Disclosure USB」をもとに、IWIが開発/販売を行なうネットワークとクライアントPCの操作をリアルタイムに監視する情報漏洩対策システム「CWAT」とも連携するUSBメディア「Cryptstick E」を、発売する。

 「Cryptstick E」は、社内のデータを安全に外部に持ち出して作業を行なうことを想定したUSBメディア。持ち出すデータは、暗号化されてUSBメディアにのみ保存され、持ち出し時にデータをUSBメディア外に取り出すことを禁止する。データの編集/閲覧は、USBメディア内でのみ可能となる。また、編集中はスクリーンショットの取得や印刷、コピー/ペースト、USB外への保存などの操作が禁止される。予め設定されたPCでは、USBメディア内のデータの削除/取り出しを自由に行なうことができる。

 暗号化保存されたデータは、専用の管理ソフトをコピーしたPC以外では復号が行なえないため、USBメディアを紛失し、パスワードが漏洩した場合でも、情報の拡散を防止することが可能となる。編集用ソフトの対応ファイルは、Office 2000以降のExcelとWordで、PowerPointとPDFファイル、MHTファイルは閲覧のみ可能となっている。さらに、専用ソフトにはプロテクトがかけられているため、ハードディスクや他のメモリーにコピーしても起動できないほか、管理者権限を持たないユーザーでも使用可能なため、セキュリティレベルを落とさずに運用することができる。内部情報漏洩対策システム「CWAT」との連携も可能で、「Cryptstick E」以外のUSBメモリーは、「CWAT」の監視対象となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009609


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > メモリ > メモリのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ