●NEC、Itanium 2搭載サーバーでLinuxとサポートをセットにした新製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NEC、Itanium 2搭載サーバーでLinuxとサポートをセットにした新製品を出荷


掲載日:2005/02/21


News

 日本電気株式会社は、Itanium 2プロセッサを搭載したエンタープライズサーバー「NX7700i」シリーズで、米レッドハット社製のLinuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux v.4」と、障害発生時のダンプ解析などの原因調査や問題解決方法の提示などを行なうサポートサービスをセットにした新製品「Linux拡張サービスセット(NX7700i用)」を、4月8日より出荷する。価格は、4 CPUモデルの場合で年額60万円からとなっている。

 「Red Hat Enterprise Linux v.4」は、Linuxカーネルの新バージョン2.6を採用し、現行の「Red Hat Enterprise Linux v.3」に比べ、8 CPUを越えるマルチプロセッサ対応やメモリー容量の拡大、タスクスケジューラの強化により、処理性能の向上を実現している。「Linux拡張サービスセット(NX7700i用)」は、信頼性の高いサーバー「NX7700i」シリーズで、OSとして「Red Hat Enterprise Linux v.4」を利用する際に、障害発生時のダンプ解析/問題解決やアップデートモジュールの提供などを行なう高度なサポートサービスをセットにしたサービス。Linuxを用いた基幹業務システムの構築を容易にする。

 また、Linuxを用いた基幹業務システム対応の強化として、サーバー構成管理ソフトウエア「SystemGlobe GlobalMaster」、クラスタリングソフトウエア「CLUSTERPRO」などのVALUMOウエア製品や、データベースとして「Oracle Database 10g」などのミドルウエアの「Red Hat Enterprise Linux v.4」への対応が、2005年度第一四半期を目処に進められている。


出荷日・発売日 2005年4月8日 出荷
価格 4 CPUモデル:年額600,000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009606


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ