提携●日立ソフトとクラステクノロジー、生産管理ソリューションで業務提携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携●日立ソフトとクラステクノロジー、生産管理ソリューションで業務提携


掲載日:2005/02/18


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社と株式会社クラステクノロジーは、クラステクノロジーが開発/提供している製造業向け製品の「ECObjects」ブランドで生産管理ソリューションの共同展開を図るため業務提携を行なうことで、合意した。同提携の第1弾として、日立ソフトが原価管理パッケージを開発してクラステクノロジーへ提供し、クラステクノロジーが「ECObjects/CostACC」(仮称)として5月より発売する。

 今回の提携により両社は、クラステクノロジーの持つ製造業の業務ノウハウと日立ソフトの持つシステム構築およびアプリケーション開発ノウハウを組み合わせて、共同でソリューション展開することで相互の事業拡大を図る。具体的なプロジェクトとして、製造業向けに共同で生産管理システムを受注し、構築に着手している。システム基盤を「ECObjects」のJavaコンポーネントのネットワークインフラ(コンポーネント再配置アーキテクチャ)で統一し、その上に各々がアプリケーションを構築して、同一ブランドで販売する。

 「ECObjects」は、“エンジニアリング・チェーン・マネジメント”という理論に基づいて構築/設計された総合製造ソリューション。製造業における受注/試作/購買/生産の全プロセスを、情報共有と情報配信を推進することによりシームレスに結合し、全体最適と製品開発競争力の向上を実現する。「ECObjects/CostACC」(仮称)は、「ECObjects」の統合化部品表に原価情報を統合化原価“BOM”(Bill Of Materials:部品表)として管理することができる。生産管理システムとシームレスな連携と情報共有を図ることにより、製造の状況に応じたリアルタイムな原価情報の収集を可能とし、ダイナミックな情報の流れを総合的に計算する仕組みを提供する。これにより、正確で迅速な見積回答を実現することができる。

 現時点の仕入や作業状況から計算される、材料単価/時間単価/加工単価などのデータを元に完成時に想定される原価情報(未来原価)を集計でき、見積り時点で、未来原価を前提とした柔軟な価格設定が可能となる。また、実際発生原価をリアルタイムに集計することにより、日々の原価発生状況を確認することができる。これにより、原価改善施策の実施効果測定などを支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「生産管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「生産管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「生産管理システム」関連の製品

生産管理システム AMMIC/NetP 【電通国際情報サービス】 FutureStage 製造業向け生産管理システム 【日立システムズ】
生産管理システム 生産管理システム
組み立て系からプロセスまで、製造業の幅広い業種に対応する純国産の生産管理パッケージ。様々な管理指標の切り口での正確な原価の把握を可能にする。 生産管理・販売管理・在庫管理・技術管理・購買管理がシームレスに連携した製造業向け基幹業務統合ソリューション。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009592


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 生産管理システム > 生産管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ