●NEC、ホットプラグ対応2.5インチSATA HDDを搭載したブレードサーバーを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NEC、ホットプラグ対応2.5インチSATA HDDを搭載したブレードサーバーを出荷


掲載日:2005/02/18


News

 日本電気株式会社は、同社のIAサーバー「Express5800/BladeServer」で、ホットプラグ対応の2.5インチSATAハードディスクを搭載したブレードサーバー「Express5800/110Ba-m3」を、出荷した。価格は、24万8000円となっている。

 「Express5800/110Ba-m3」は、Pentium Mプロセッサ745(1.80GHz)を採用することにより、ノートPCと同等の約41Wという省電力化を実現したブレードサーバー。高さ3Uのブレード収納ユニットに、10枚のブレードを格納することができる。ホットプラグ対応の2.5インチSATAハードディスクを採用し、メモリーはDDR 266対応で最大2GBまで拡張可能となっている。また、ブレードサーバーの自律的な統合管理を実現する「SystemGlobe BladeSystemCenter」と「VMware VirtualCenter」との連携を実現している。なお同ソフトウエアを含んだ「SystemGlobe BladeSystemCenter仮想サーバー管理セット」(仮称)が2005年度第1四半期より出荷され、価格は322万円からとなっている。

 「VMware VirtualCenter」は、複数のサーバー上に仮想的なサーバーが動作する環境を実現し、仮想サーバーを自由に配置して利用することができるソフトウエア。今回の連携により、仮想サーバーとブレードサーバー、ネットワーク機器などを統合的に管理することが可能となるほか、仮想サーバーの動作環境の異常時には、他の動作環境に仮想サーバーを移動することで、業務を継続することができる。また、業務の負荷状態に応じて自動的にサーバー/仮想サーバーの台数構成を変更し、負荷分散やパフォーマンスの維持が可能なほか、仮想サーバーの稼働環境自体の障害検知と、運用ポリシーに基づく対応を実施することができる。


出荷日・発売日 2005年2月18日 出荷
価格 248,000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009586


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ