事例●北海道ぎょれんがオラクルの技術を採用して基幹システムを刷新

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●北海道ぎょれんがオラクルの技術を採用して基幹システムを刷新


掲載日:2005/02/17


News

 日本オラクル株式会社は、北海道漁業協同組合連合会が、オラクル技術を採用して基幹システムを刷新すると、発表した。今回、北海道ぎょれんの職員289名を対象として、14拠点にわたるシステムを本所で一元管理する。

 北海道ぎょれんは、北海道の漁業協同組合がまとまって組織された経済連合会。北海道の水産物を適正な価格で安定的に全国へ流通させるため、卸売業者をはじめ量販店や生協、インターネットといったさまざまなチャネルでの水産物の販売に取り組んでいる。従来、各支店にメインフレームを設置し、分散処理を行なっていた。全体的な情報の掌握には、夜間に売上データや受注データの集計処理などのデータを集めて処理するバッチ処理を実行しており、タイムリーな情報を得られないことや、メインフレームが分散しているため、運用コストが高いことが課題となっていた。

 北海道ぎょれんは、販売や購買、財務会計を支える基幹システムを支えるため、24時間365日止まらない可用性、ハードウエアの追加によりパフォーマンスを向上できる拡張性を評価し、オラクルのプラットフォーム製品「Oracle Database 10g」と、そのクラスタ技術「Oracle Real Application Clusters 10g」を採用した。データベース製品では、新製品である「Oracle Database 10g」のインストールや設定の容易さ、生産効率、メンテナンスの効率の良さを評価し、採用を決定した。また、アプリケーション開発ツールには「Oracle Forms Developer」が採用されている。同システムは、北海道ぎょれんのシステム会社である株式会社ぎょれんシステムが2003年8月頃より設計を開始し、2005年4月からの全面稼働を目指している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

国産ジェット旅客機「MRJ」の開発プロジェクトを支える情報共有システムとは? 【ジャストシステム】 全てのデータソースへSQLでアクセス、データ構造の壁を超えるRDBMSとは? 【日本アイ・ビー・エム】 Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 【日本マイクロソフト】 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 【日本マイクロソフト】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
国産ジェット旅客機「MRJ」の開発プロジェクトを支える情報共有システムとは? 全てのデータソースへSQLでアクセス、データ構造の壁を超えるRDBMSとは? Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009580


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ