●NEC、中小企業用システム運用管理ソフト「WebSAM System Navigator」を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NEC、中小企業用システム運用管理ソフト「WebSAM System Navigator」を出荷


掲載日:2005/02/17


News

 日本電気株式会社は、同社のシステム運用管理ソフト「WebSAM」について、中小企業市場での販売を強化し、システムの障害監視や性能監視に必要な機能一式をパッケージ化することで、経済的かつ容易なシステム運用管理を可能とする「WebSAM System Navigator」を、出荷した。価格は、100万円からとなっている。

 「WebSAM System Navigator」は、システムの障害監視や性能監視、障害発生時の音/メール/回転灯などによる通報、コマンド実行など、システム運用管理に必要な機能一式を予め用意して提供するソフト。他のシステム運用管理ソフトの購入やシステム開発作業が不要なため、システム運用管理機能を経済的に導入することができる。サーバーへのインストールが完了した時点で、基本的なシステム監視を即時に実行することが可能となる。また、容易な操作で全ての監視項目の設定作業を行なうことができ、システム運用管理機能を容易かつ短時間に導入することが可能となる。

 さらに、オラクルの「Oracle 10g」や「Oracle 9i」、マイクロソフトのWindowsやSQL Serverなどに関する過去の障害情報とその復旧手順をナレッジデータベースに蓄積し、障害発生時に自動でシステムを復旧することや、障害復旧に必要となる行動を監視画面に表示することができる。これにより、経験の浅いシステム運用管理者でも、適切かつ迅速な状況判断を行なうことが可能となり、システム運用管理の効率化やシステム復旧時間の短縮を実現することができる。

 なお同社は、パートナー企業と共同で、各社の業種/業務向けソフトと、「WebSAM System Navigator」をはじめとするNECのミドルウエアを組み合わせた中小企業向けソリューションフレームワークの開発も、実施する。


出荷日・発売日 2005年2月15日 出荷
価格 1,000,000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

サポート終了後のリスク対策、グローバルに対応可能な保守プロバイダーの選び方 【カーバチュア・ジャパン】 「自分でもやってみたい」が鍵、“全員納得”の働き方改革はこう実現する 【ヴイエムウェア株式会社】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる? 【クレオ】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
サポート終了後のリスク対策、グローバルに対応可能な保守プロバイダーの選び方 「自分でもやってみたい」が鍵、“全員納得”の働き方改革はこう実現する システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
非効率なサポートデスク業務…… IT部門を「手軽にテコ入れ」する方法

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009568


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ