●ハンモック、セキュリティレベルを選べる検疫ネットワークパッケージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●ハンモック、セキュリティレベルを選べる検疫ネットワークパッケージを発売


掲載日:2005/02/15


News

 株式会社ハンモックは、持ち込みPCなどによるワームやウイルス対策として有効な検疫ネットワークを構成するソリューションパッケージ「Asset View SECURE」シリーズを、3月1日より発売する。

 「Asset View SECURE」シリーズは、ハンモックと武藤工業株式会社、株式会社アクシオの提携による共同開発ソリューションパッケージ。「Asset View SECURE EZ」、「Asset View SECURE STD」、「Asset View SECURE PRO」の3製品が用意されており、セキュリティレベルに合わせて導入することが可能となっている。「Asset View SECURE EZ」は、ハンモックの資産管理ツール「Asset View HYPER」シリーズのPC資産管理機能「Asset View HYPER A」と不正利用PC検知機能「Asset View HYPER S」を組み合わせたソリューションパッケージ。予めPC資産管理ツールで作成した管理PC台帳と、ネットワークに接続されているPCの情報を照合し、管理外PC(私有PCなどの不正利用PC)が接続されていないかを検索する。不正利用PCが検出された場合は、そのPCおよび管理者PCへ自動警告通知する。

 「Asset View SECURE STD」は、「Asset View HYPER」シリーズの「Asset View HYPER A」と非認証PCのLAN接続防止機能「Asset View HYPER S plus」を組み合わせたソリューションパッケージで、図面管理技術を持つ武藤工業と提携して開発された。「Asset View HYPER S plus」は、ネットワークに接続されるコンピュータの認証を行ない、認証されているPCだけにIPアドレスを発行するDHCPサービスソフトウエア。PCがネットワーク接続する際にMACアドレスを取得し、予めDHCPサーバーに登録してあるMACアドレスと照合することで、一致しない未登録PCのネットワーク接続を遮断することができる。

 「Asset View SECURE PRO」は、「Asset View HYPER」シリーズの「Asset View HYPER A」や「Asset View HYPER D」、アルカテル社の認証スイッチ「OmniSwitch」との連携により検疫ネットワークを構築するソリューションパッケージ。PCのネットワーク接続時にセキュリティパッチやウイルス対策ソフトのパターンファイル適用状況などを確認し、セキュリティポリシーが一致しないPCのネットワーク接続は遮断する。また、同時にパターンファイルなどを配布し、セキュリティレベルを上げた上でPCをネットワークに接続させることも可能となっている。検疫と共にユーザー認証も行なうため、不正アクセス対策としても使用することができる。さらに、アクシオが開発した「検疫シングルサインオンツール」を利用することにより、1度のユーザーID/パスワードの入力で、検疫や認証、Windowsログインの一連の操作を行なうことができる。


出荷日・発売日 2005年3月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は? 【シンガポールテレコム・ジャパン】 “現在の脅威”に最適化、次世代セキュリティモデルに移行すべき7つの理由 【Gigamon】 「人」と「デバイス」を守る 小型軽量な脅威対策の新技術 【株式会社 日本HP】 Secure Web Gateway 【シマンテック】 脅威への対応が遅い「CSIRT」の共通点は? 運用後に気付く3つの課題 【トレンドマイクロ】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は? “現在の脅威”に最適化、次世代セキュリティモデルに移行すべき7つの理由 「人」と「デバイス」を守る 小型軽量な脅威対策の新技術 クラウドセキュリティを全方位解説:機密データとパフォーマンスの守り方 脅威への対応が遅い「CSIRT」の共通点は? 運用後に気付く3つの課題

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009539


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ