事例●リコーがCRMポータルサイトの基盤に日本BEAシステムズの製品を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●リコーがCRMポータルサイトの基盤に日本BEAシステムズの製品を採用


掲載日:2005/02/14


News

 日本BEAシステムズ株式会社は、株式会社リコーが自社のCRMポータルサイト「NetRICOH」のバージョンアップに伴い、その基盤として「BEA WebLogic Portal 8.1J」を採用し、同システムが本格稼働を開始したと、発表した。

 リコーでは、顧客満足度向上と営業生産性向上の両立を目指し、ユーザーにワンツーワンのサービスを提供するポータルサイト「NetRICOH」を提供している。「NetRICOH」は、OA機器から消耗品、オフィスグッズなどの販売から製品サポート、経営に役立つ各種情報提供、グループウエアをはじめとしたASPサービスまでを、各ユーザー毎に適した形で提供する。また、営業担当者やコールセンターと「NetRICOH」を連携し、バックエンドで基幹システムや顧客データベース、営業支援システムまでを一元管理することにより、フレキシブルかつワンストップなマルチチャネルの販売/サービス体制の確立を進めている。

 「NetRICOH」では、顧客ニーズの多様化に柔軟に対応するために、過去4年間、頻繁にバージョンアップを行なってきた。今回、充実したワンツーワンのサービス、顧客要望の早期取り込み、パフォーマンス向上の実現に向け、立ち上げ時より採用していたパッケージ製品からJ2EEベースでの開発に移行し、導入実績の豊富な「WebLogic Portal」をポータルの基盤として、サイト構築を実現した。これにより、機能追加の実装速度を向上し、開発/運用コストを抑えるための基盤を確立することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】 MajorFlowクラウド 【パナソニック ネットソリューションズ】 複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【アプレッソ】 「サイボウズ Office 10」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】 Knowledge Suite(ナレッジスイート) 【ナレッジスイート】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。 会計ソフトやグループウェアと連携して、経費精算や出退勤打刻の機能を提供。経理や人事の作業負担軽減を実現しつつ、現場社員や経営層にも役立つ機能も搭載。 複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」上で、データベースとして活用できる機能。 グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザ数無制限、スマートフォンやタブレット等マルチデバイス対応。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009533


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ