●三洋電機、3680×2760ピクセルの記録画素数を実現したデジタルカメラを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●三洋電機、3680×2760ピクセルの記録画素数を実現したデジタルカメラを発売


掲載日:2005/02/10


News

 三洋電機株式会社は、3680×2760ピクセル(約1000万画素相当)の記録画素数を実現したデジタルカメラ「DSC-S5」を、2月15日より発売する。価格は、3万5000円となっている。

 「DSC-S5」は、1/2.5インチ510万画素の原色CCDを搭載し、オリンパス製の光学2.8倍ズームレンズを採用したデジタルカメラ。これにより、L判プリントに加え、A4サイズに引き伸ばしてプリントした場合でも、高精細で鮮明な色再現を実現することができる。510万画素の画像を、画素補間フィルタを使用したアルゴリズムにより、リアルタイムで、約2倍の画素数となる3680×2760ピクセル(約1000万画素相当)に変換して記録することができる。ツーショット撮影や背景を入れて自分撮りする時のフレーミングに利用できる小型のミラーを、カメラ本体正面に配置しているほか、最短2cmまで近づいての撮影が可能な“スーパーマクロ”を搭載している。また、外枠と内枠を別に撮影して合成可能な“合成モード”や、人物の肌をきれいに撮影する“コスメモード”、履歴書や免許証申請用として、そのまま切り取って利用できるサイズの写真を作成する“証明写真モード”といった“シーンセレクトショット”も備えている。

 単3形アルカリ乾電池を使用でき、電池寿命は、低消費電力のエンジンにより、同社のデジタルカメラ「DSC-S4」と比べて約1.8倍を実現している。充電タイプのニッケル水素電池やリチウム電池(CR-V3)を使用することにより、長時間駆動にも対応している。さらに、16MBのメモリーを内蔵しており、内蔵メモリーとメモリーカードの間でデータをコピーすることもできるほか、明るい所での視認性を改善した微反射タイプの1.8インチTFTカラー液晶モニターを搭載している。精度の高いピント合わせが可能な“5点測距AF”や、撮影時最大4倍/再生時最大約58倍の“デジタルズーム”、部分拡大した画像を保存可能な“トリミング記録”も備えている。


出荷日・発売日 2005年2月15日 発売
価格 35,000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009515


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ