●松下電器、光学式手ブレ補正ジャイロを搭載した乾電池対応デジカメを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●松下電器、光学式手ブレ補正ジャイロを搭載した乾電池対応デジカメを発売


掲載日:2005/02/10


News

 松下電器産業株式会社は、乾電池対応のコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-LZ2/LS1」の2機種を、2月25日より順次発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「LUMIX DMC-LZ2/LS1」は、カメラの低消費電力化を図ることにより、単3形乾電池2本タイプのカメラに光学式手ブレ補正ジャイロを搭載したデジタルカメラ。これにより、コンパクトモデルながら、室内での撮影や夜景ポートレート撮影でも、手ブレを抑えた撮影が可能となる。常時手ブレ補正機能を動作させ、フレーミング時の手ブレも抑える“MODE1”、シャッターを押した瞬間に手ブレ補正機能を動作させることにより、確実な手ブレ補正効果が得られる“MODE2”の2つの方式を搭載している。

 レンズは、新開発の“LUMIX DCバリオレンズ”を搭載しており、「DMC-LS1」は光学3倍ズームレンズで400万画素CCD搭載モデル、「DMC-LZ2」は500万画素CCDと37〜222mm(35mm判換算)の光学6倍ズームレンズを搭載し、重さ約178gの軽量/コンパクトな本体ながら、222mmの望遠写真を容易に撮影することができる。また両製品とも、屋外でも見やすい2.0インチ微反射タイプ液晶モニターを搭載しているほか、メニュー画面の文字も大きくなり操作性が向上している。高画質と高速レスポンスを提供する同社開発の画像処理LSI“ヴィーナスエンジンII”をベースに、省電力化を図った画像処理LSI“ヴィーナスエンジンプラス”も搭載している。

 さらに、合計9種のシーンモードを搭載しており、撮影のコツが必要なシーンでもカメラが自動で設定するほか、各シーンモードの説明やコツ、撮影時に注意することを、文章でモニターに表示する“シーンモードヘルプ機能”も備えている。14MBのメモリーを内蔵しているほか、初心者にも使いやすい“かんたんモード”、撮影時のカメラの縦位置を判別して回転情報を記録し、再生時に自動的に回転表示させることが可能な“縦位置検出機能”、自動的に液晶モニターを消灯し、電池の消費を抑える“エコモード”などを搭載している。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009510


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ