●東芝、手書き入力とキーボード/マウスでの入力が可能なタブレットPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●東芝、手書き入力とキーボード/マウスでの入力が可能なタブレットPCを発売


掲載日:2005/02/09


News

 株式会社東芝は、専用ペンでの手書き入力とキーボード/マウスでの入力が可能な個人/家庭向けタブレットPC「dynabook R10/170L7」を、2月18日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「dynabook R10/170L7」は、専用ペンで操作するタブレットPCとしても、キーボードやマウスで入力操作を行なうノートPCとしても使い易い“コンバーチブル設計”を採用したタブレットPC。液晶画面を180度回転させることができるため、手書き入力/キーボード入力の各入力に適した位置に画面を設定することが可能となっている。PC本体の傾きを検知し、液晶画面の縦/横のどちらを下にしているかを判断する“3D加速度センサー”も内蔵しているため、液晶画面の向きを変えた場合でも、“画面回転ボタン”を押すことで表示画面をユーザーが見ている向きに切り換えることができる。

 また、「Office OneNote 2003」や「Adobe Photoshop Elements」といったアプリケーションソフトを搭載しているため、Webのページに手書きでメモを追加して保存することや、デジタルカメラで撮影した画像を切り抜いて編集することが可能となっている。さらに、14.1インチ液晶を搭載しながら、重さ約2.8kgという軽量化を実現しているほか、512MBのメモリー、60GBのハードディスク、SDカードスロット、DVD+R 2層書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブを採用している。落下などの異常な動きを感知し、ハードディスクの損傷やデータ消失のリスクを軽減する“東芝HDDプロテクション”や、Windows XP Tablet PC Edition 2005、IEEE802.11b/g準拠の無線LANなども搭載している。


出荷日・発売日 2005年2月18日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009502


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ