●ライフボート、USB機器を鍵として用いるPC用個人情報漏えい防止製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●ライフボート、USB機器を鍵として用いるPC用個人情報漏えい防止製品を発売


掲載日:2005/02/08


News

 株式会社ライフボートは、さまざまなUSB機器をハードウエア鍵として利用することにより、クライアントPCに必要なセキュリティ機能をオールインワンで提供する個人情報漏えい防止ツール「USB HardLocker」を、株式会社エスコンピュータと共同開発し、2月25日より発売する。価格は、7800円となっている。なおライフボートでは、企業向けのサイトライセンス製品となる「USB HardL-ockerコーポレートエディション」も、発売する。

 「USB HardLocker」は、複数のセキュリティ機能を提供する個人情報漏えい防止ツール。USB機器を鍵としたPCのロック機能により、第三者によるPCの不正使用を防止することができる。また、暗号化された秘密領域の作成により、外部に流出させたくないデータの流出を阻止することも可能となっている。米国標準技術局(NIST)による次世代標準暗号化方式“AES”が採用されている。

 さらに、不正なデータの持ち出しを防止するためのUSB機器などの使用制限機能や、内部からのデータ流出状況を記録する、USB機器の接続ログ作成機能も搭載している。任意のUSB機器を鍵として登録することができ、管理者鍵/一般ユーザー鍵/合鍵としての登録が可能となっている。鍵にするUSB機器は複数登録することができる。


出荷日・発売日 2005年2月25日 発売
価格 7,800円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント 【日本電気】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 「ファイル暗号化」が徹底できない原因は“利用者任せ”の姿勢にあった? 【日本電気】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
「重要情報を含むファイルは保護すること」などのルールがあるのに、強制力がなく機能していないケースがある。それはなぜなのか。有効なファイル保護の具体策とは。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009492


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ