●グループワン、顧客とのコミュニケーションをサポートするソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●グループワン、顧客とのコミュニケーションをサポートするソフトを発売


掲載日:2005/02/07


News

 グループワンソフトウエア株式会社は、ドキュメントを通じた企業と顧客間のコミュニケーションを刷新するソフトウエアソリューション「DOC1」を、発売する。

 「DOC1」は、米ピツニーボウズグループが世界戦略として推進するCCM(Customer Communication Management)のソフトウエア第1弾製品。企業と顧客のコミュミケーションがドキュメントからWebやメールに移行することに伴い、直面する2つの課題を同時に解決することができる。課題とは、ドキュメントとインターネットの各プラットフォームの維持が必要であるため、単位ページあたりのコストが上昇していることと、インターネット技術をベースにしたコミュニケーションに対し、顧客離れが進んできていることの2つ。

なお同製品は、散在するさまざまなデータソースからドキュメント作成に必要なデータを収集/統合する“DOC1 DFS”、データサンプルの利用などを可能にしたGUIデザインツール“DOC1 Designer”、オープン/マルチプラットフォーム環境を実現したハイパフォーマンスドキュメントジェネレーションエンジン“DOC1 Generate/Print”といった製品モジュールで構成されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Zoho CRM 【ゾーホージャパン】 日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 【日本マイクロソフト】 統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM CRM CRM
世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。 日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。
デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009481


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ