●グループワン、顧客とのコミュニケーションをサポートするソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●グループワン、顧客とのコミュニケーションをサポートするソフトを発売


掲載日:2005/02/07


News

 グループワンソフトウエア株式会社は、ドキュメントを通じた企業と顧客間のコミュニケーションを刷新するソフトウエアソリューション「DOC1」を、発売する。

 「DOC1」は、米ピツニーボウズグループが世界戦略として推進するCCM(Customer Communication Management)のソフトウエア第1弾製品。企業と顧客のコミュミケーションがドキュメントからWebやメールに移行することに伴い、直面する2つの課題を同時に解決することができる。課題とは、ドキュメントとインターネットの各プラットフォームの維持が必要であるため、単位ページあたりのコストが上昇していることと、インターネット技術をベースにしたコミュニケーションに対し、顧客離れが進んできていることの2つ。

なお同製品は、散在するさまざまなデータソースからドキュメント作成に必要なデータを収集/統合する“DOC1 DFS”、データサンプルの利用などを可能にしたGUIデザインツール“DOC1 Designer”、オープン/マルチプラットフォーム環境を実現したハイパフォーマンスドキュメントジェネレーションエンジン“DOC1 Generate/Print”といった製品モジュールで構成されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 Microsoft Dynamics CRM Online 【日本マイクロソフト】 Microsoft Dynamics 365 【日本マイクロソフト】 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは 【日本マイクロソフト】 4社の事例で分かる「B2Cデジタル変革」 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM CRM CRM
データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 情報共有基盤の刷新で商談計画を可視化、中堅・中小製造業を支えるツールとは? CRMやERPなどのビジネス機能を1システムで――統合型パッケージの実力は? 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは 4社の事例で分かる「B2Cデジタル変革」

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009481


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ