●SAS、CEOやCFOなどの分析/判断/意思決定を支援するソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●SAS、CEOやCFOなどの分析/判断/意思決定を支援するソリューションを発売


掲載日:2005/02/07


News

 SAS Institute Japan株式会社は、CEOやCFO、財務/経営管理者の分析/判断/意思決定の高付加価値業務を支援する次世代パフォーマンスマネジメントソリューション「SAS Financial Intelligence」の製品群を、発売した。各ソリューションの価格は、1500万円前後からとなっている。

 「SAS Financial Intelligence」は、バランススコアカード、ABC/M(活動基準原価計算/管理)、予算策定、分析ツールなどのソリューションを製品群として統合することにより、CFOや財務/経営管理部門の業務の革新を可能にするソリューション。将来の予測をサポートする分析機能や、企業内のさまざまなデータへのアクセス、統一された共通言語(データ)による各階層への適切な意思決定ツールなどが提供される。ビジネスの環境変化への柔軟性も確保され、コンプライアンスへの対応や、非定型プロセスと定型プロセスの両面でのサポートも実施される。

 「SAS Strategic Performance Management」、「SAS Activity Based Management」、「SAS Financial Management」の3つのソリューションから構成され、BIのプラットフォームに必要なETL(データの抽出/加工/ロード)や、データウエアハウス、分析/レポーティング、将来予測機能などのBIの中核技術を一括提供する「SAS 9」を基盤に開発されている。「SAS Strategic Performance Management」は、戦略的経営マネジメントを実現するためのKPI(重要業績評価指標)管理ソリューション。バランススコアカードなどの方法論もサポートする柔軟性を備え、インターフェースに加え必要なデータの収集/蓄積機能も搭載している。

 「SAS Activity Based Management」は、組織の収益に直接インパクトを与える、日々の従業員の活動/設備稼働状況/プロセスを反映する正確な財務データを提供する。これにより、企業はファクトベースの意思決定を行なうことができ、収益性の向上や競争力の強化が可能となる。「SAS Financial Management」は、連結レポート作成/分析機能と、定型および非定型予算/計画策定機能からなるソリューション。これにより、正確な過去のパフォーマンスの測定と分析を通して、今までのビジネスの実態を把握することができる。また、将来の組織のパフォーマンスについての計画/予算立案を効率的に行なうことにより、将来のビジネスをマネージすることも可能となる。


出荷日・発売日 2005年2月3日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009476


IT・IT製品TOP > データ分析 > BA > BAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ