●HDE、パフォーマンスを向上させたLinuxサーバー向けアンチウイルスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●HDE、パフォーマンスを向上させたLinuxサーバー向けアンチウイルスを発売


掲載日:2005/02/03


News

 株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズは、Linuxサーバー向けアンチウイルスソフトウエアの新バージョン「HDE Anti-Virus 4.5 for Gateway」を、2月22日より発売する。価格は、15ユーザー版で7万8750円(税込)からとなっている。

 「HDE Anti-Virus 4.5 for Gateway」は、インターネット経由のメールの送受信やWebブラウジングによるウイルス侵入をリアルタイムに検出し、感染を未然に防ぐためのアンチウイルスソフトウエア。今回のバージョンでは、従来より最高で2倍となる処理の高速化や、安定性の強化などパフォーマンスを向上し、Turbolinux 10 ServerやMIRACLE LINUX Standard Edition v3.0などにも対応している。フィンランドF-Secure社のアンチウイルスエンジンを採用しているほか、24時間体制で稼働しているF-Secureウィルス研究所では、新種のウイルスに対しても迅速にパターンファイルの作成/更新を行なう。

 また、複数のスキャンエンジンの搭載により高いパフォーマンスを実現し、ウイルスの検知と駆除が可能となっている。さらに、HTTP、FTP、SMTP、POPによる通信をリアルタイムに監視し、クライアントからのWebブラウジング、メール送信、メール受信、FTPによるファイルダウンロードなどによるウイルス感染を防止する。POPプロトコルのサポートにより、社内にメールサーバーを持たない場合のメール受信時でも、ウイルスチェックが可能となっている。全ての設定は、Webブラウザ上から容易に行なうことができ、メールサーバーの設定変更などは不要となっている。


出荷日・発売日 2005年2月22日 発売
価格 15ユーザー版:78,750円(税込)〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009450


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ