●カシオ計算機、写真撮影と動画撮影を両立させた500万画素デジカメ等を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●カシオ計算機、写真撮影と動画撮影を両立させた500万画素デジカメ等を発売


掲載日:2005/02/02


News

 カシオ計算機株式会社は、有効画素数500万画素/光学5倍ズームレンズを搭載し、写真撮影と動画撮影を両立させた「EXILIM PRO EX-P505」と、有効画素数720万画素/光学4倍ズームレンズを搭載し、“ビジネスショット”などのさまざまな機能を備えた「EXILIM PRO EX-P700」を、2月9日より順次発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「EXILIM PRO EX-P505」は、有効画素数500万画素CCDと超小型画像処理モジュール“EXILIMエンジン”の搭載により、高精細な画像撮影が可能なデジタルカメラ。最短1cmまでのマクロ撮影も可能な光学5倍ズームレンズを搭載しているほか、絞り優先/シャッター優先/マニュアル露出の撮影モードも装備している。また、MPEG 4方式によるVGAサイズ(640×480ピクセル)、毎秒30フレーム、ステレオ音声での動画撮影が可能となっている。サンプルの中からシーンを選ぶだけで撮影できる“ムービーベストショット”、シャッターを押す瞬間の前後合わせて8秒までムービーが撮影できる“ショートムービー”、動画から写真を作成する“モーションプリント”といった撮影/編集機能も搭載している。

 「EXILIM PRO EX-P700」は、有効画素数720万画素CCDを搭載し、キヤノン製の光学4倍ズームレンズを採用したデジタルカメラ。非圧縮で画像劣化の少ないTIFF形式で撮影できるほか、約11.5万画素の2.0インチTFT液晶モニターを備えている。また、秒間3枚の画像を最大5枚まで撮影できる“高速連写機能”を搭載しているほか、起動時間は約2秒、レリーズタイムラグは約0.01秒となっており、撮影画像を約0.1秒間隔で見られる高速再生も実現している。さらに、四角いものを斜めから撮影しても正面から撮影したように補正する“ビジネスショット”や、マクロモードとAFモードを自動で切り替える“オートマクロ”、フラッシュ撮影時に光が届かない部分の明るさを補う“フラッシュアシスト”などを搭載している。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009404


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ