●大塚商会、3ステップで構成されるe-文書法対応ソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●大塚商会、3ステップで構成されるe-文書法対応ソリューションを発売


掲載日:2005/02/01


News

 株式会社大塚商会は、2005年4月より施行されるe-文書法に向けて、文書の電子化/保管/管理の3ステップで構成されるe-文書法ソリューション「ODS21 eドキュメントモデル」を、発売した。価格は、年間約10万枚の紙文書を電子化する場合で1100万円からとなっている。

 「ODS21 eドキュメントモデル」は、導入コンサルティングからハードウエア/ソフトウエアまで一貫して提供するトータルソリューションで、日本アイ・ビー・エム株式会社のコンテンツ管理ソフトウエア「DB2 Content Manager」(IBM CM)を採用している。3ステップで構成されているため、企業の業務プロセスの変革に伴ったe-文書法への移行を、段階を踏みながら容易に実現することができる。

 第1ステップでは、紙文書のスキャン処理(電子化)および時刻認証を実施する。スキャン処理はデジタル複合機を用いて行なう。時刻認証の取得は、株式会社ハイパーギアの「HG/PScanServタイムスタンプサーバ」などを利用する。また、電子認証も行なう。第2ステップでは、電子化した文書にアクセス権を付与し保管/検索を実施する。電子化/時刻認証された文書を、株式会社OSKの文書管理ソフト「Visual Finder」を用いてアクセス権を付与して、保管/管理する。

 第3ステップでは、自動電子署名や保管年限管理/アクセス権管理/アクセスログ管理など、文書保存年限に応じた文書のライフサイクル管理を実施する。「IBM CM」を用いた基幹システムとの連携により、長期保管を実現する。大塚商会は、各ステップおけるコンサルテーションメニューおよび紙文書の電子化サービスを提供する。


出荷日・発売日 2005年2月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 指ハイブリッド認証 【NEC】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 NeoFace Monitor 【NEC】
認証 認証 認証 認証 認証
新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009387


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ