●NTT Com、情報セキュリティレベルを全国平均と比較できるサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NTT Com、情報セキュリティレベルを全国平均と比較できるサービスを提供


掲載日:2005/01/31


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社は、企業ネットワークの不正利用対策の一環として、「セキュリティ検針」サービスを3月より提供する。価格は、初期費用が16万5900円から、月額費用が13万4400円から(いずれも税込)となっている。

 「セキュリティ検針」サービスでは、ユーザーの社内ネットワークにNTT Comが設置する検知装置(IDS)により、内部の不正利用や外部からの脅威を常時監視する。IDSにより収集したネットワークの利用状況に関する情報(ログ)を、NTT Comのセキュリティオペレーションセンター(SOC)のログ分析システムで分析する。ネットワークに接続されたシステム毎の不正利用の有無と脅威のレベルを点数化/グラフ化し、ユーザー専用Webサイトで毎日更新して提供する。

 これにより、専門的知識が無くても、セキュリティ上の問題を発生させている端末の特定や、社内各部門のセキュリティレベルの比較、自社と全国平均レベルの比較などが可能となる。ウイルス蔓延などの緊急時には、電話/メールなどでSOCからユーザーにウイルス発生状況が通知されるほか、必要な対策のアドバイス/支援が実施される。なお、自治体向けには、総合行政ネットワーク(Local Government Wide Area Network:LGWAN)経由でIDS監視/情報提供などのサービスが提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 【日本アイ・ビー・エム】 4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で苦慮、なぜ? 【日本アイ・ビー・エム】 アプリケーションのセキュリティ管理を行うための5ステップ 【日本アイ・ビー・エム】 IoTセキュリティ専門家はどこにいる? マルウェア急増でも開発は止められない 【ラピド セブン ジャパン】 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 【トレンドマイクロ】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で立ち往生、それはナゼか? 管理者がアプリケーションのセキュリティ管理を行うための5つのステップ IoTセキュリティ専門家はどこにいる? マルウェア急増でも開発は止められない インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009369


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ