●米ゲートウェイ、スリムな省スペース型デスクトップPC「625JP」などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●米ゲートウェイ、スリムな省スペース型デスクトップPC「625JP」などを発売


掲載日:2005/01/26


News

 米ゲートウェイ社は、日本市場向けデスクトップPCのラインアップに、「Gateway 625JP」と「Gateway 707JP」の2機種を追加し、1月25日より順次発売する。価格は、「Gateway 625JP」が9万9800円、「Gateway 707JP」が12万9800円(いずれも税込)となっている。

 「Gateway 625JP」は、スリムな省スペース型のデスクトップPC。容積は約10リットル/サイズは452mm×93mm×300mmで、縦置き/横置きの両方に対応している。「915G」チップセットや“ハイパースレッディグテクノロジ”対応のPentium 4プロセッサ550(3.4GHz)を採用し、512MBのデュアルチャネルDDR SDRAMメモリーを搭載している。また、“Intel High Definition Audio技術”と「Graphic Media Accelerator 9000」を搭載しているため、映画や音楽、ゲームを再生する場合に、安定したサウンドとシャープな映像が提供される。さらに、容量200GBの7200rpmシリアルATAハードディスクを搭載しているほか、7種類の形式のメモリーカードを読み書きできるメモリーカードリーダーや、6つのUSB 2.0インターフェース、2つのFireWireポートも備えている。

 「Gateway 707JP」は、同社の“EQ テクノロジー”の採用により、静音性と高信頼性を実現したデスクトップPC。従来のPCの3倍以上の空気の流れを送り出す大型ファンを2台使用しており、この空気流の中心に、CPUなどの熱を発生するコンポーネントを配置することで、効果的な冷却を実現している。大型ファンの速度を40%落とすことで、騒音の発生を抑えている。また、「915G」チップセットや“ハイパースレッディングテクノロジ”対応Pentium 4プロセッサ550(3.4GHz)、1024MBのデュアルチャネルDDR SDRAMメモリーを採用している。グラフィックカードには「ATI Radeon X600 Pro PCI-Express」を搭載しているほか、250GBで7200rpmのシリアルATAハードディスクも備えている。さらに、7つのUSB 2.0インターフェースや2つのFireWireポート、8種類のメモリーカードに対応したメモリーカードリーダーを装備している。


出荷日・発売日 −−−
価格 「625JP」:99,800円/「707JP」:129,800円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009321


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ