●沖電気、太陽電池による“ZigBee”センサーネットワークの実証実験を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●沖電気、太陽電池による“ZigBee”センサーネットワークの実証実験を開始


掲載日:2005/01/25


News

 沖電気工業株式会社は、神戸市において、次世代の近距離無線ネットワーク技術“ZigBee”と太陽電池を使ったユビキタスセンサーネットワークを構築し、自律的移動支援サービス実現に向けた実証実験を開始すると、発表した。今回の実験は、国土交通省が主催する“自律的移動支援プロジェクト”のプレ実証実験の一環として行なわれるもので、神戸市三宮の市街地で、1月24日から28日までの5日間に渡り実施される。

 “ZigBee”は、ユビキタスセンサーネットワークを実現する無線方式で、2004年12月に標準規格が制定された。無線LANやBluetoothと比較して省電力で、セッション確立時間が短いという優位性がある。省電力の特徴により、街角で情報を発信するビーコンや人の位置を測定する座標基準となる固定ノードを、太陽電池で動作させることができるため、無配線で自由に設置することが可能となる。

 今回の実験では、同社が開発した「実証実験用ZigBee無線ノード」を固定ノードと移動ノードに利用して、“ZigBee”の電波伝搬特性に加え、太陽電池による省電力の検証や、移動ノードの位置推定なども行なう。また移動ノードとして、YRPユビキタス・ネットワーキング研究所で開発を進めている「ユビキタスコミュニケータ」やノートPCと接続してデータ測定も行なう。

 同実験の場所は、屋外の交差点や閉域である地下街など、通常の実験環境と異なる空間でのデータ測定が可能なほか、人が多く移動する場合や、車が往来する際の影響も検証することができる。屋外では、5本の街灯に太陽電池とビーコン用の固定ノードを設置し、歩道や交差点上の移動ノードでデータ測定を行なう。地下街では、天井に15台の固定ノードを設置して、移動ノードによるデータ測定を行なう。

 今後同社では、今回の実験結果を元に“ZigBee”の特性を検証するほか、“ZigBee”を利用した自律的移動支援サービスを実現するユビキタスセンサーネットワーク構築の検討を進めていく。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】
無線LAN
アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009290


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ