●NTTデータなど3社、GPSを利用したガイダンスシステムによる実証実験を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NTTデータなど3社、GPSを利用したガイダンスシステムによる実証実験を開始


掲載日:2005/01/24


News

 株式会社NTTデータ、株式会社NTTデータ中国、株式会社広交本社の3社は、GPSにより位置や道路状況(走行速度)に合わせて乗客にガイダンスを行なうシステム「ツアートレーサー」を利用した「バーチャルバスガイドシステム」の実証実験を、開始した。

 同実験は、広交観光のバスで実施され、広島県広島市の広島駅新幹線口〜平和公園〜広島駅新幹線口(平和教育コース)の区間で行なわれる。「ツアートレーサー・バーチャルバスガイドシステム」は、屋外をそのままの状態で展示体験空間とする領域型展示ビジュアルシステムの応用例で、GPSと自立航法センサーにより現在地をリアルタイムに計算し、そのポジションに合ったガイドを自動再生するシステム。これにより、バスガイドの確保に関わるコストを約50%効率化することが可能になる。

 実際のコンテンツは、ガイドする場所の画像情報、数値などのテキスト情報、音声ナレーションで構成され、それをバスガイドキャラクターが案内を行なう。ガイダンスについては、領域型展示ビジュアルシステム応用技術により、渋滞などの道路状況を考慮し、ガイド内容が変化する仕組みを実現している。また、バスガイドの教育のコンテンツとしての利用も想定している。

 今後3社では、今回の実験を元に、2005年4月より広島平和教育コースなどの一部コンテンツの提供を予定している。NTTデータおよびNTTデータ中国では、車載用機器および車載用プログラムの販売、観光ポイントの共通コンテンツ作成、コンテンツ一元ダウンロードセンターの構築および運営について、4月より事業化するほか、他地域でのコンテンツのリリースも2005年度より予定している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009280


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ