●サイボウズとNECソフト、病院向けポータル型グループウエアの拡販を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●サイボウズとNECソフト、病院向けポータル型グループウエアの拡販を開始


掲載日:2005/01/20


News

 サイボウズ株式会社とNECソフト株式会社は、病院内スタッフが情報を共有する場を築き共通の情報窓口(ポータル)を形成する病院向けポータル型グループウエア「院内ポータルソリューション」の拡販を、開始した。

 「院内ポータルソリューション」は、システムレスポンスが速くシステム管理が容易な、サイボウズのポータル型グループウエア「サイボウズガルーン」のポータル機能と、NECソフトの医療福祉分野のシステム構築力を利用して、病院内に分散するさまざまなシステムをポータル画面に集約した製品。これにより病院スタッフは、ポータル画面にアクセスして病院全体の情報を共有し、スケジュールや施設予約などのグループウエアを活用することができる。

 病院内情報の共有プラットフォームを築く“ポータル機能”や、病院内の情報を整理共有して効率化を促進する“グループウエア機能”に加え、複数のシステムをシームレスに活用する“医療情報システムとの連携機能”、病院経営の健全性と質的向上を支援する“医療業務改善ツール機能”も搭載している。

 “医療情報システムとの連携機能”では、病院内に散在するさまざまな医療情報システムを統合的に表示し、各業務に必要なシステムを1つのポータル画面から利用することができる。認証は、別システムへのログインの度に各パスワードを入力する必要が無く、各アプリケーションに関連づけられたパスワードを自動的に送信して行なう。“医療業務改善ツール機能”では、医療事故を未然に防ぐ“インシデント管理”に加え、診療科毎の担当医や当直医一覧、クレームやトラブルを集計する機能などを、Webナレッジツール「サイボウズデヂエ」をベースとして装備している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 Garoon on cybozu.com 【サイボウズ】 InSite for Business 【ディスカバリーズ】 「サイボウズ Office 10」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」にSharePointのサイトテンプレート「InSite」を標準実装。1名からでも利用可能。スマホ、iPad、携帯、マルチデバイス対応。 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」上で、データベースとして活用できる機能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009241


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ