●松下電器、長時間録音を実現した小型/軽量サイズのICレコーダーを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●松下電器、長時間録音を実現した小型/軽量サイズのICレコーダーを発売


掲載日:2005/01/19


News

 松下電器産業株式会社は、ICレコーダーのステレオモデル「RR-US090-H/RR-US070-S/RR-US050-S」と普及タイプ「RR-QR170-S」の計4機種を、2月15日より発売する。価格は、全てオープン価格となっている。

 「RR-US090/RR-US070/RR-US050」は、ステレオタイプで長時間録音を実現したICレコーダー。“TRC”(Triple Rate CODER)方式により、人の声の特長的なデータ部分のみを有効に抽出して音声データを高圧縮するため、人の声が聞きとりやすい音質で長時間録音することができる。「RR-US090-H」のステレオSPモード時で、33時間20分の録音が可能となっている。小型/軽量サイズながら、優れた録音機能も備えている。

 「US090-H/US070-S/US050-S」では、“音声認識”機能(日本語/英語)を利用することで、メモ録音した音声ファイルを文字変換することや、メール/日記を声で入力することも可能となる。また、メールやWordの文章、インターネットなどを、PCが音声で読みあげる“音声合成”機能(日本語/英語/中国語/フランス語/ドイツ語/スペイン語/イタリア語)も搭載している。読み上げた音声をICレコーダーに転送することで、外に持ち出すこともできる。Windows XPの“CD-Rライティング機能”と連携して、CD-Rへのバックアップが可能となっている。

 さらに、日常のひらめきや思いつきなどを、設定不要でメモ代わりに録音できる“メモ録音ポジション”も搭載している。専用のメモフォルダも設けており、メモ代わりに録音した内容を容易に探すことができる。「RR-QR170」は、高音質モードでも長時間録音を実現し、録音で20時間の電池持続時間を実現している。“メモ録ポジション”も搭載している。


出荷日・発売日 2005年2月15日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009231


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ