提携●E3と三井情報開発、ITマネジメント分野で包括的な業務提携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携●E3と三井情報開発、ITマネジメント分野で包括的な業務提携


掲載日:2005/01/19


News

 E3ネットワークス株式会社と三井情報開発株式会社(MKI)は、ITマネジメント分野において包括的な業務提携を行なうと、発表した。

 E3は、ITマネジメントソリューションプロバイダとして、「HP OpenView」をはじめとした運用管理ソフトウエアの販売/サポート/構築業務を主力事業としている。MKIは、システムの企画/開発/運用までをトータルに提供する総合情報サービスカンパニー。MKIの「System Management Center」(SMC)は、同社のIDCを基盤にした運用サービスとなっている。

 両社は、IT環境の変化に迅速に対応するためには、お互いの強みを持ち寄り、ユーザーニーズに対応できる体制が必要と判断し、今回の業務提携に合意した。今回の業務提携により、E3の持つ運用管理システム構築ノウハウと、MKIがユーザーシステムの運用経験で培ったマネジメントノウハウおよび豊富なリソースを組み合わせ、運用管理の企画/設計からツールのデリバリーを含めた構築/運用管理業務のアウトソーシングまでをワンストップで提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは 【ネットワンシステムズ株式会社】 「Ansible」をチームで活用するために必要な管理機能をどう実装する? 【レッドハット】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 NASAがクラウド環境の構成管理を自動化、「Ansible Tower」で得た6つの効果 【レッドハット】 技術者不足でも運用を効率化、事前対策的トラブルシューティングの手法とは? 【日本ヒューレット・パッカード】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「攻めのIT」に足りないものは? 理想のインフラを実現する条件 「Ansible」をチームで活用するために必要な管理機能をどう実装する? システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 NASAがクラウド環境の構成管理を自動化、「Ansible Tower」で得た6つの効果 技術者不足でも運用を効率化、事前対策的トラブルシューティングの手法とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009221


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ