●日揮情報、“BPMN 1.0”準拠のビジネスプロセスモデリングツールを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●日揮情報、“BPMN 1.0”準拠のビジネスプロセスモデリングツールを出荷


掲載日:2005/01/18


News

 日揮情報ソフトウェア株式会社は、スイスITpearls Ltd.と業務提携を締結し、“Business Process Management Initiative”(BPMI)により公表されたビジネスプロセスモデリング表記基準“BPMN 1.0”(Business ProcessModeling Notation)に準拠した、同社のビジネスプロセスモデリングツール「ITpearls Process Modeler for Microsoft Visio Ver.2.0 Standard」の日本語版を、出荷した。価格は、4万3000円となっている。

 “BPMN 1.0”は、全てのビジネスユーザーが容易に理解できる表記を提供することを目的としたビジネスプロセスモデリング表記。“BPMN”は、Webサービス用の実装言語“BPEL4WS”(Business Process Execution Language for Web Service)の生成を可能にする内部モデルとしても利用できるため、ビジネスプロセス設計とプロセス実装間のギャップに標準化されたブリッジを作ることができる。

 今回出荷された「ITpearls Process Modeler for Microsoft Visio」は、“BPMN 1.0”に準拠したビジネスプロセスモデリングツール。ビジネスプロセスの全体像を明確に捉えることが可能となり、ベンダー独自の書き方に依存しない表現方法でビジネスプロセスを可視化し、業務全体を一目で把握することができる。これにより、ユーザーの業務要件を業務プロセスベースでITに落とし込む場合に、ユーザー企業やビジネスアナリスト、ITスペシャリスト、運用管理者の共通言語として利用可能となる。

 「Visio」をプラットフォームとして実現しているため、専門ツール独自の複雑な操作の習得が不要で、「Visio」の作図機能を活用することができる。また、モデル検証機能、XMLへのエクスポート機能なども装備されている。「Standard Edition」と「Professional Edition」の2種類が用意されており、今回は「Standard Edition」のみの発売となっている。「Standard Edition」は、プロセスモデルを製品独自のXML形式へエクスポートする機能を備えており、BPMソフトウエアやワークフローエンジンへの実装が可能となる。なお、“BPEL”のエクスポート/インポート機能を装備した「Professional Edition」は、5月より出荷される予定。


出荷日・発売日 2005年1月14日 出荷
価格 43,000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

CA Release Automation 【CA Technologies】 メインフレームマイグレーションサービス 【NDIソリューションズ】 Webアプリ作成ツール Forguncy 【グレープシティ】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
2人がかりで3日間かかったシステムの本番環境への移行が数秒に! 既存の業務プログラムを低コスト運用が可能なIBM i 環境に移行するサービス。現有プログラム資産の有効活用を支援しつつ、レガシーシステムへ先進の機能を付加できる。 Excel感覚で手軽にWebアプリケーションを作成できる、ノンプログラミング開発支援ツール。作成後は既存システムとの連携も容易に実現できる。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009205


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ