●MBSD、セキュリティポリシーに対応した暗号メールゲートウエイ製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●MBSD、セキュリティポリシーに対応した暗号メールゲートウエイ製品を出荷


掲載日:2005/01/17


News

 三井物産セキュアディレクション株式会社は、米Voltage Security社の暗号メールゲートウエイ製品「Voltage IBE Gateway Server Ver.1.2」を、出荷した。価格は、オープン価格となっている。

 「Voltage IBE Gateway Server Ver.1.2」は、XMLを利用した柔軟なルールセットを用いて、ゲートウエイを経由する全てのメールに対して、セキュリティポリシーを強制的に適用させることができる製品。全ての暗号メッセージをサーバー側で一括して復号することができるため、既存のセキュリティインフラと連携することにより、高いセキュリティレベルを実現可能となる。スタンフォード大学が特許を持つ公開鍵暗号技術“IBE”(Identity-Based Encryption)を利用しているため、相手のメールアドレスを公開鍵として利用することができ、ユーザーに対する公開鍵の管理や配布が不要となっている。

 また、Webブラウザを利用する“Zero Download Messenger”機能を標準搭載しているため、ユーザーへ専用ソフトウエアを配布することなく、暗号メールの送受信が可能となる。OSやネットワーク、メールアプリケーションなど、クライアントのシステム環境に依存しないため、さまざまな環境/用途で暗号メールシステムを利用することができる。さらに、オプションの「Voltage SecureMailプラグイン」をインストールすることにより、Outlookや「Lotus Notes」といったメールクライアントに暗号化/復号機能を追加することができる。


出荷日・発売日 2005年1月13日 出荷
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

ドキュメント保護「活文 Document Rights Manager」 【日立ソリューションズ】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 マイナンバーソリューション 【日立ソリューションズ】 Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME 【セキュア・ディー・ビー・ジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
情報の保管・利用場所に依存せず、不正利用を防止する。文書が流出しても権限がなければ閲覧できないだけでなく、文書を後から失効することで、万が一の事後対策が可能。 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。 導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009191


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ