●富士ゼロックス、Web統合情報管理ソフト「ArcSuite 2.0」2製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●富士ゼロックス、Web統合情報管理ソフト「ArcSuite 2.0」2製品を発売


掲載日:2005/01/13


News

 富士ゼロックス株式会社は、Web統合情報管理ソフトウエアとして、一般オフィス業務を対象とした「富士ゼロックスArcSuite Office 2.0」と、技術開発業務を対象とした「富士ゼロックスArcSuite Engineering 2.0」を、発売した。使用許諾料金は、「ArcSuite Office 2.0」が基本パッケージで314万円、「ArcSuite Enginerring 2.0」が基本パッケージで614万円となっている。

 「ArcSuite」シリーズは、関係者同士が場所や時間を超えてコラボレーションできる“場”をWebシステムを通じて提供し、スタッフ個人のノウハウや経験、アイディアなどの資産(情報)をネット上で共有してやり取りするシステム。操作は、統一されたデザインのWebポータルから行なうことができ、入力から管理まで一貫してサポートされる。

 今回発売された「ArcSuite 2.0」では、従来のプロセス処理型ワークフローではなく、手順を明確に定義/遂行することが困難な非定型業務を含めて管理することが可能となるため、ワークフロー外の根回しや個別の相談にも対応することができる。ワークフロー構築でも、不明瞭なプロセスにコラボレーション機能を代用することで、ワークフロー設計の負荷が軽減され、運用開始までの期間の短縮が可能となる。また、従来の固定的な階層管理体系ではなく、ダイナミックな文書管理体系を構築することができるほか、ドラッグ&ドロップの利用を拡大し、ユーザーインターフェースの機能が向上している。

 さらに、スキャン入力において、「CentreWare Flow Service」プラグイン機能や「DocuShuttle」との連携により、登録作業を自動化することができる。出力では、「ArcSuite Engineering」と「ArcEPS」連携により、フォーマットの異なる複数文書の一括出力が可能となる。オフィス文書の情報漏洩抑止には、「ArcSuite Office」と「ArcOPL」を利用した、隠し文字列を特殊なプリントパターンとして付加し、プリント文書の不正複写による情報漏洩抑止効果を高めることができるほか、「ArcSuite」の各種アクセス権などと連動して、高セキュリティの文書管理システムを構築することが可能となる。


出荷日・発売日 2005年1月12日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

必要なのはWebブラウザとメールだけ、業務プロセスを一気通貫するデジタル化術 【アドビ システムズ】 稟議・回覧クラウド 承認Time 【SBIビジネス・ソリューションズ】 Webワークフローソフトウェア『MajorFlow』 【パナソニック ネットソリューションズ】 大企業・中堅企業向け エンタープライズ ワークフロー MAJOR FLOW Z 【パナソニック ネットソリューションズ】 クラウド型作業報告システム SmartAttack 【ソフトバンク コマース&サービス】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
契約業務を完全デジタル化する方法 稟議、捺印申請をはじめ、社内文書をWeb上で申請・承認できるワークフロー・クラウドサービス。複数承認ルートや項目の自由設定、一斉報告フローなどの設定が可能。 申請/承認の決裁だけではなく、「経費精算」における仕訳や計上処理、「勤怠」における集計など、業務改善を図る「ビジネスリフォーム機能」満載のワークフローシステム。 申請処理を始め、あらゆる業務プロセス処理の基盤に活用することができるワークフローソフトウェア。多彩な外部システムとの連携も可能。 スマートフォン/タブレット(iOS、Android)などを用いて、即座の現場報告&報告書自動作成を実現できるクラウドサービス。報告業務の効率化・標準化・高度化を実現。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009157


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ