●NECシステム建設、産業廃棄物の排出から処理までを追跡するサービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NECシステム建設、産業廃棄物の排出から処理までを追跡するサービスを開始


掲載日:2005/01/06


News

 日本電気システム建設株式会社は、産業廃棄物の排出から処理に至るまでの廃棄物固体のトレーサビリティ管理として、収集/運搬経路の証明、危機管理などを実現する「産業廃棄物情報管理システム」(Routeviシステム)によるASPサービスを、開始した。

 対象となる産業廃棄物は、PCB(ポリ塩化ビフェニル)を含む機器などで、これまでその有害性から、適正に処理する体制が未整備であり、約30年保管され続けていた。今回、国の全額出資により設立され、PCB廃棄物処理事業を主な業務とする「特殊会社」である日本環境安全事業株式会社(JESCO)が処理を行なうことになり、北九州をはじめとして全国5箇所に処理施設を建設し、処理が開始される。「Routeviシステム」は、PCBの廃棄物排出事業者や収集運搬事業者、処分事業者向けに、適切な収集/運搬を証明するシステムで、ASPサービスとして提供される。

 同システムは、通信衛星とGPS衛星を利用したトレーサビリティシステムで、産業廃棄物を回収する際にバーコードを用いて廃棄物毎の固体管理を行なう。併せて、運搬車両に搭載されたGPS測位アンテナにより位置情報を随時取得し、地図上にプロットする。これにより、全国の排出事業者から収集された廃棄物が処理工場へ搬入されるまでの運搬過程の動態をデータセンターで一括管理し、リアルタイムで視覚的に確認することが可能となる。また、運搬過程での事故自動検出および緊急通報ボタン押下時に緊急ファックス通報を行ない、有害物質による環境汚染などの二次災害に対応する危機管理機能や、マニフェスト伝票(産業廃棄物管理表)を使用した行政報告資料の自動作成機能を装備している。なお同システムは、PCB廃棄物の積込み/積下し/運行管理、緊急時の対策などが定められた“PCB廃棄物収集・運搬ガイドライン”(2004年制定)に準拠している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009120


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ