事例●安田倉庫が基幹システムの運用/管理業務を日本IBMに委託

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例●安田倉庫が基幹システムの運用/管理業務を日本IBMに委託


掲載日:2005/01/05


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、安田倉庫株式会社が、受発注や入出庫などの物流管理業務を行なう同社の基幹システムの運用/管理業務を日本IBMに委託すると、発表した。アウトソーシングの開始は1月3日、契約期間は5年間、契約金額は総額で約9億円となっている。

 安田倉庫は、中期3ヵ年計画「CS・3キューブ」の基本目標であるCS(顧客満足度)向上の一環として、また企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)を推進する施策の1つとしてITの危機管理強化に取り組み、障害が発生した場合の業務中断時間を短縮することを目標とした。この目標の実現のため、従来自社内に設置していた基幹システムを、日本IBMのデータセンターで運用/管理することを決定した。

 同センターでは、メインフレーム、ストレージ、ネットワークをそれぞれ二重化し、堅牢なシステムとなっている。安田倉庫では、日本IBMへアウトソーシングすることにより、二重化などの措置を自社で実施した場合に比べ、約3割のコスト削減を見込んでいる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日本IBM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「運用系業務アウトソーシング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用系業務アウトソーシング」関連情報をランダムに表示しています。

「運用系業務アウトソーシング」関連の製品

保守期限が切れても「リプレースしない」、IT機器の延命で投資効率を最大化 【フィールドワン】 企業経営の生命線、キャッシュフローの健全性を保つ“秘策”とは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 保守コスト削減からレガシー機器の延命まで――EOSL保守サービス選びのポイント 【アプライドテクノロジー】 SAP運用サポート「ASCサービス」 【日鉄日立システムエンジニアリング】
運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング
保守期限が切れても「リプレースしない」、IT機器の延命で投資効率を最大化 企業経営の生命線、キャッシュフローの健全性を保つ“秘策”とは? 保守コスト削減からレガシー機器の延命まで――EOSL保守サービス選びのポイント SAPの運用保守アウトソーシングサービス。必要工数が1人月未満といった小さなニーズから、システム全般の安定稼働を徹底させるフルサポートまで幅広いメニューを用意。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009105


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ