●BEAT COMMUNICATION、企業用ソーシャルウエア「Beat Communication」を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●BEAT COMMUNICATION、企業用ソーシャルウエア「Beat Communication」を発売


掲載日:2004/12/28


News

 株式会社BEAT COMMUNICATIONは、企業向けソーシャルウエア「Beat Communication」パッケージを、発売した。

 「Beat Communication」パッケージは、ソーシャルネットワークやグループウエア、営業支援ツール、ナレッジマネジメントツールの中で、頻繁に利用される機能を融合させたコミュニケーションツール。各企業担当者が自社用に管理画面で容易にカスタマイズできるほか、ソーシャルネットワークの知人機能、コミュニティ機能、日誌機能、グループウエアで最も頻繁に使われているスケジュール管理機能、個人で制作した文書などを社内で共有可能なファイル共有機能などを備えている。

 また、企業内で営業マンの訪問先の重複を防ぐ“名刺機能”、ベテラン社員が新入社員の質問に答える“HELP ME機能”、これから営業する会社に自社の社員の知り合いがいるかを調べ、紹介してもらう上でその親密度を判断する“親密度機能”などの実用性の高い機能も搭載している。同パッケージにより、企業におけるコスト削減を実現でき、コミュニケーションの活性化も可能となっている。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

20歳から69歳のスタッフのナレッジを共有、あの企業も使う月額150円のツール 【リスモン・ビジネス・ポータル】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 クラウド型コラボレーションツール導入から3年で第一三共はどう変わった? 【Box Japan】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】 intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
スキルやナレッジの属人化に悩む企業は多い。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めれば良いのだろうか。成功企業の足跡をたどる。 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 クラウド型コラボレーションツール導入から3年で第一三共はどう変わった? 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009094


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ