●新潟キヤノテック、キヤノンイメージングシステムテクノロジーズに社名変更

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●新潟キヤノテック、キヤノンイメージングシステムテクノロジーズに社名変更


掲載日:2004/12/28


News

 新潟キヤノテック株式会社は、2005年1月1日より社名を「キヤノンイメージングシステムテクノロジーズ株式会社」と変更すると、発表した。

 同社は従来から、キヤノングループでプリンタ関連技術、イメージ関連技術に特化した研究開発を行なっている。新社名は、こうした同社の開発特色を反映した社名となっている。新社名移行後も、従来からの自社ブランドでの商品展開、ユーザーサポートなどの商品事業に変更は無い。また、2005年1月1日以降、Webページアドレスがhttp://www.canon-ist.co.jp/に変更になるほか、ユーザーサポートセンターのメールアドレスがsupport@canon-ist.co.jpに変更となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

バックアップの概念を変える、VMware Virtual SAN と VxRail 【EMCジャパン】 全部門が納得するVDI(仮想デスクトップインフラ)導入 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 ペーパレス化の新常識、契約書や領収書の電子化で経理業務を改善 【日立システムズ】 ファイルの共有・保全に関わる課題をワンストップで解決 STOREND 【アーク・システムマネジメント】 アプリケーションデリバリコントローラ Array APVシリーズ 【アレイ・ネットワークス】
ストレージ仮想化 VDI 電子帳票システム NAS ADC/ロードバランサ
ITインフラの在り方を大きく変える可能性を持つ「ハイパーコンバージドインフラ」。だが日本ではまだ慎重な企業が多い。ITインフラ運用がどのように変わるのかを紹介する。 VDI(仮想デスクトップインフラ)は運用工数削減やセキュリティ強化、柔軟な働き方を後押しする注目の技術だ。しかし導入失敗例も少なくない。成功/失敗の分かれ目とは? ペーパレス化の新常識、契約書や領収書の電子化で経理業務を改善 個人向けのNASは機能的に不十分、しかしハイエンドストレージは高い、使いこなせない……。そんな中、楽に運用でき、柔軟に拡張できる低価格の国産ストレージが登場した。 最先端のマルチコア処理、ハードウェア高速化モジュール、エネルギー効率のよいコンポーネント、10Gbitイーサネット接続等が特長のアプリケーションデリバリコントローラ。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009089



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ