●NECソフト、QRコード対応機能を追加したバーコード印刷支援ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●NECソフト、QRコード対応機能を追加したバーコード印刷支援ソフトを発売


掲載日:2004/12/27


News

 NECソフト株式会社は、バーコード印刷支援パッケージソフトウエア「BarcodeStudio」に2次元バーコード(QRコード)対応機能を追加した新バージョン「BarcodeStudio Ver.2.0」と、QRコード対応機能のみをサポートした「BarcodeStudio for QR」を、発売した。価格は、「BarcodeStudio Ver.2.0」が1ライセンス3万5000円、「BarcodeStudio for QR」が1ライセンス2万円からとなっている。

 「BarcodeStudio」は、一般のアプリケーションに対して容易にバーコード作成機能を追加することができるソフトウエア。1製品で各種バーコードに対応している。一般ユーザー向けの“OLE(Object Linking and Embedding)版”、情報システム担当者向けの“OCX(OLE Custom Control)版”、システムエンジニア向けの“DLL(Dynamic Link Library)版”が用意されている。

 “OLE版”は、Visual Basic、“OCX版”はACCESS/Visual Basic、“WindowsDLL”はVisual C++のサンプルプログラムが添付されているため、活用時に参考にすることができる。一般アプリケーションのオブジェクト挿入機能からバーコードを容易に生成可能なほか、ActiveXコントロール対応アプリケーションの一部品として組み込み、大量のバーコードを一括生成することもできる。また、自製アプリケーションにライブラリとして組み込み、バーコードを生成することも可能となっている。EAN128は“標準料金代理収納ガイドライン”に準拠している。


出荷日・発売日 2004年12月22日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「電子帳票システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電子帳票システム」関連情報をランダムに表示しています。

「電子帳票システム」関連の製品

biz-Stream v4 【ブレインセラーズ・ドットコム】 Pandora-AX 【 NTTデータビジネスブレインズ】 Web対応電子帳票システムe-COOD 【日商エレクトロニクス】 Create!Form 【インフォテック】 電子帳票システム「活文 Report Manager」 【日立ソリューションズ】
電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム
シンプルで導入しやすいライセンス体系のオンデマンドWeb帳票ソリューション。デザイン性に富んだ帳票が簡単に作成でき、PDF、CSV、印刷など、多様な形態で出力可能。 e-文書法・電子帳簿保存法をオールインワンサポート。スキャナ保存や帳簿・書類の長期保存に対応。高いセキュリティ性能とずばぬけた検索機能が特長の電子帳票システム。 Web対応の電子帳票システム。セキュリティ強化やワークフローなどオフィスのペーパーレス化を推進してきた日商エレクトロニクスのノウハウが盛り込まれている。 簡単な作業ステップで作成できる帳票設計・出力支援ソフトウェア。
グラフやバーコードなど多様な表現が可能。
PDF・HTML・プリンタ印刷で高速な出力を実現。
Web・タブレット対応の電子帳票システム。帳票のライフサイクルを自動管理し、運用コスト削減!海外からも利用できる!

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009075


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 電子帳票システム > 電子帳票システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ