●キヤノン、キヤノングループのキヤノテックとファストネットが合併と発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


●キヤノン、キヤノングループのキヤノテックとファストネットが合併と発表


掲載日:2004/12/27


News

 キヤノン販売株式会社は、同社の完全子会社であるキヤノテック株式会社が、キヤノン株式会社の子会社であるファストネット株式会社と2005年1月1日をもって合併し、社名をキヤノンネットワークコミュニケーションズ株式会社に変更すると、発表した。

 今回の合併は、キヤノングループが持つネットワークとインターネットのサービス業務を一元化することにより、経営効率を向上させることを目的としている。これにより、総合ネットワークシステムの構築から運用/管理までを手がけるITMS(Information Technology Management Service)事業の強化を目指していく。

 キヤノテックは、企業におけるネットワークインフラの設計/施工/機器設定/メンテナンスサポートなどのネットワークサービスを行なっている。またファストネットは、インターネット接続やWebソリューション、ASPソリューションなどのインターネットサービスを行なっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「マルチクラウドは必然」選択肢が増え続ける中、シンプル化にどう取り組むか 【ニュータニックス・ジャパン】 アップデート検証をするシステム管理者が“背中を預けられる”仕組みとは 【株式会社JALインフォテック】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 「情報システムとデータ活用」についてのアンケート 【富士通マーケティング】 安易なセルフサービスBI導入には“落とし穴”が潜んでいる_Actionista! 【ジャストシステム】
統合運用管理 IT資産管理 ワークフロー BI BI
オンプレミスとパブリッククラウド、あるいは複数のパブリッククラウドの併用が現実的な選択肢となる中、その裏にある複雑なインフラ管理をいかに解決するか。 アップデート検証をするシステム管理者が“背中を預けられる”仕組みとは 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 5000円分のギフト券が当たる:「情報システムとデータ活用」についての読者調査 データ分析の属人化を防ぎ全社規模で迅速な意思決定を促すマルチユースBI。エンタープライズBIとセルフサービスBIの長所を兼ね備え、企業のあらゆるシーンで活用できる。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20009073



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ